XPB Images

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:アロンソのルーキーテスト参加に反対するライバルたち

11月18日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ルノーF1は、12月15日にアブダビで1日だけ開催されるルーキー限定のオフシーズンテストにフェルナンド・アロンソを参加させたいという要請を出していたが、レーシングポイントとハースがこれに反対を表明した最初の2チームとなった。

 シリル・アビテブールは、F1から2シーズン離れていた元世界チャンピオンが1日多くテスト走行の機会を得てもおかしくないと主張しているものの、レーシングポイントはシーズン当初から、彼にマシンを与えたいとするこの要請に反対し続けてきたのだ。

 2021年はミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンという実際のルーキーを起用するとみられるハースF1については、今後の戦いにおいてこれ以上相手を優位に立たせたくないからというだけでなく、ギュンター・シュタイナーがフェラーリに触発されて反対の意向を表明したという理由もあるだろう。

 フェラーリも、2021年には自分たちと強力なライバル関係になるはずのルノーとアロンソに支援の手を差し伸べるつもりなどないはずだからだ。


…記事の続きはプレミアム会員登録後閲覧できます。

この記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。

※プレミアム500(月額540円)会員登録を行う事で、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。

F1速報プレミアムとは
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。