XPB Images

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:話の出どころはエディ・ジョーダン?石油化学会社によるメルセデスF1の買収情報

9月16日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

 トト・ウォルフは、世界有数の石油化学会社である『イネオス』社がメルセデスF1チームの株式の過半数を取得するのではないかとする見方を否定した。ウォルフは次のように語った。

「我々はイネオスと素晴らしい関係にある。アメリカズカップや自転車チームなどで、いくつかの先端技術系プロジェクトを共同で進めている。我々の協力関係は非常に相互補完的なものだ」

「我々は、それぞれのスポーツチームについて同じ志を共有している。だからこそイネオスは我々のパートナーの1社なのだ。それ以上の話は単なる憶測に過ぎない。ダイムラーとしてはF1チームを手放すつもりはないし、イネオスはチームの過半数の株式を取得して自社の名前を付けることに関心を持っていない。私にも、株主としての立場を離れる理由がない」

 こうした話の発信元は、エディ・ジョーダン以外に考えられない。16年前にF1チームを手放して以降、ジョーダンは記録的な数のスクープを出してきた。そのうち半分は正しかったが、残りの半分は、彼が2と2の情報を足して239という答えを導き出したようなものだ……。時間が経過すれば今回の話の真贋も判明するだろう。しかし、彼が言っているように取得価格が7億ポンド(約950億3900万円)だとすれば、いくら現時点で最高のF1チームとはいえ、少々高すぎる気もする。


…記事の続きはプレミアム会員登録後閲覧できます。

この記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。

※プレミアム500(月額540円)会員登録を行う事で、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。

F1速報プレミアムとは
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。