XPB Images

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:2021年の役職について明言を避けるトト・ウォルフ代表

9月9日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・


 トト・ウォルフはモンツァで取材に応じて、メルセデスF1チームに現行の契約が満了した後も残留すると示唆する一方で、チーム代表の役職を2021年初めの時点でも続けているかどうかについては明言を避けた。自身の今後について聞かれて、ウォルフは「急ぐ必要はない。私はまだこれまでのことを振り返っている最中だ。決断は12月31日までに下せば良いのだし、このチームとはなんらかのかたちで関わっていこうと思っている。私はこのチームを愛しているし、ここが私の居場所だ」と述べた。

 さらにウォルフは「私の家族と私自身にとって正しい決断を下すことが重要だが、このチームと今後も関わっていくということははっきりしている」と続けた。

 ウォルフは、現在メルセデスF1チーム株の30パーセントを保有する少数株主だ。今後、現場への日常的な関与度が減ることになっても、役員として重要な地位を占め続けることは変わらないと思われる。現在のウォルフにとって最後の大仕事は、ルイス・ハミルトンとの新たな長期契約を結ぶことだ。2021年に誰がチーム代表を引き継ぐことになっても、現在の彼より権限が弱くなることは間違いない。たとえ前線を退いたとしても、ウォルフはチームが前進するための原動力であり続けるはずだからだ。


…記事の続きはプレミアム会員登録後閲覧できます。

この記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。

※プレミアム500(月額540円)会員登録を行う事で、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。

F1速報プレミアムとは
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。