2020年F1第8戦イタリアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

クビアト9位「チャンスに恵まれなかったが、精一杯の仕事をした」アルファタウリ・ホンダ【F1第8戦決勝】

9月7日

 2020年F1イタリアGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは9位だった。

 クビアトは11番グリッドからハードタイヤでスタート、その位置を保ち、セーフティカー出動時の22周目にピットインし、ミディアムタイヤに交換した。赤旗中断を終えたレース再開後、クビアトはポイント圏外からポジションを上げ、9位入賞を果たした。

2020年F1第8戦イタリアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第8戦イタリアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 決勝=9位
 波乱のレースだったね。(優勝した)ピエール(・ガスリー)とチームにおめでとうと言いたい。僕らにとって素晴らしい日になった。

 僕自身の話をすると、セーフティカー出動のタイミングとスタートタイヤの選択からして、今日は9位が精一杯だった。戦略上、悪い方に行く可能性があることがすべて悪い方に行ってしまった一日だった。でもピエールの場合はそれとは逆だったのでよかったと思う。こんな風にチャンスをつかめるなんて素晴らしいことだ。彼のことを考えると僕もうれしい。

 僕に同じチャンスが訪れなかったことが残念だけど、自分自身のレースには満足している。正直言って、とてもいいレースをしたと思っているからね。



(autosport web)