2020年F1第8戦イタリアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

クビアト「今日の予選はスリップストリームをめぐるゲームだった」アルファタウリ・ホンダ【F1第8戦】

9月6日

 2020年F1イタリアGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは11番手だった。

 FP3は1分20秒953で13番手、予選Q1は1分20秒307で7番手、Q2は1分20秒169で11番手で、すべてソフトタイヤでタイムを記録した。

2020年F1第8戦イタリアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第8戦イタリアGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 予選=11番手
 今日の予選はスリップストリームをめぐるゲームのようになり、うまく使えるのか使えないのかが大きく影響した。目の前を走るケビン(・マグヌッセン/ハース)がコースオフしたのはついてなかった。それによってペースを緩めることになり、スリップストリームを失ったんだ。

 それでも11番手スタートなら、十分ポイント争いができる。だからそれが目標だよ。決勝には大きなチャンスがあると思う。



(autosport web)