2020年F1第4戦イギリスGP 優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)、パンクしたタイヤをチェック

ハミルトン、3輪でつかんだ勝利「フェルスタッペンに追い詰められ、心臓が止まるかと思った」メルセデス【F1第4戦決勝】

8月3日

 2020年F1イギリスGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンはF1キャリア87回目、シーズン3回目、シルバーストンでは7回目の優勝を飾った。

 ハミルトンはポールポジションからミディアムタイヤでスタート、セーフティカーが出動した13周目にハードに換えて、全ラップをリードして52周のレースを走った。残り3周のところでチームメイトのバルテリ・ボッタスの左フロントタイヤが壊れた後、ハミルトンはチームからファステストラップを狙わずにペースを落とすよう指示され、慎重に走行したものの、最終ラップで左フロントタイヤが壊れてしまった。後方から新しいタイヤを履いたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が急激に追いついてくるなか、ハミルトンはなんとか逃げ切って優勝を手にした。

2020年F1第4戦イギリスGP表彰台 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第4戦イギリスGP表彰台 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=1位
 こんな経験をしたのは初めてだ。あれほどきつい最終ラップを走ったことは今までに一度もない。それまではすべてが比較的順調で、タイヤの感触はとてもよく、うまく管理して走れていた。バルテリのタイヤが壊れたと聞いた時、自分のタイヤを見たら、何も問題がなさそうだった。それでもペースを落とし始めた。その時、ストレートで突然タイヤの空気が抜けた。心臓がどきどきしたよ。

 その後は、マシンにダメージを与えないようにスピードを保って走り続けた。ボノ(レースエンジニアのピーター・ボニントン)が(フェルスタッペンとの)ギャップを教えてくれたんだが、一時は30秒あったはずなのに、どんどん減っていった。それでもなんとかフィニッシュラインを越えることができた。

 この最終ラップのことは一生忘れられないだろうね。勝利を手放さずに済んだことに、感謝の気持ちでいっぱいだ。

2020年F1第4戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)のパンクしたタイヤ
2020年F1第4戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)のパンクしたタイヤ

(レース後の会見で、タイヤトラブルについて語り)ペースを落として、ストレートに差し掛かったら、タイヤの空気が抜けて形が変わったのが分かった。心配で心配でどきどきした。なんとか走り続けられますように、と祈ったよ。最後のふたつのコーナーはもうだめかと思ったが、ありがたいことに走り切ることができた。

 9秒、8秒、7秒という(フェルスタッペンとのギャップを読み上げる)ボノの声が聞こえるなかで、なんとか走り続けた。あんな最終ラップを経験したのは初めてだ。心臓が止まるかと思った。



(autosport web)