2020年F1第4戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得

ハミルトン、スピンの後、コースレコードでポール「気持ちをリセットするのが大変だった」メルセデス【F1第4戦予選】

8月2日

 2020年F1イギリスGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは、今季3回目、シルバーストンで7回目、F1キャリア91回目のポールポジションを獲得した。メルセデスでフロントロウにつくのは100回目となる。

 Q1で1分25秒900、Q2では最初のランでスピンを喫したものの、1分25秒347をマークし通過。Q3での1分24秒303は、シルバーストンでの新コースレコードだった。ハミルトンは決勝をミディアムタイヤでスタートする。

2020年F1第4戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得
2020年F1第4戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 予選=1番手
 この気持ちに慣れるようなことは絶対にないよ!

 予選に向けてマシンに変更を加えたところ、感触が悪くなってしまった。だからQ1とQ2は本当に苦しんだ。このコースは場所によって向かい風や追い風、横風を受けることがあるので、まるで動く舞台の上でジャグリングをしているような感じなんだ。

 予選では自信を積み重ねていくことが重要だ。Q2でスピンした後は深呼吸をし、心を静めて気持ちをリセットしなければならなかった。バルテリ(・ボッタス)が速いラップを走り続けていたことが分かっていたから、なおさらだ。

 Q3の出だしは好調だった。最初のラップはクリーンでいい出来だった。そして2回目のアタックラップはそれよりもっとうまくいった。

 チームの皆、ここに来ている人たちにも、ここからそう遠くないファクトリーで仕事にあたってくれている人たちにも、心からお礼を言いたい。彼らはたゆまず作業をし、僕らを前へと押し出し続けてくれている。このチームの一員であることを誇りに思う。

 明日、ファンがいない状態で、このコースを走るというのは、おかしな気分だろうね。当然ながら彼らの姿がないのは寂しいし、彼らがいつも与えてくれるエネルギーをもらえないのも残念だ。自宅でレースを見ながら応援してくれるだろうから、彼らのために良いレースを見せたいね。

(予選後の会見で語り)予選前の変更で悪い方向に行ってしまい、マシンバランスが不安定になったんだ。そしてQ2ではスピンをしてしまった。予選は自信をもって攻めることが大事なのに、序盤は毎ラップ苦しんで、スピンもあって、気持ちが落ち込み気味だった。それでもなんとか気持ちを整理し、立て直さなければならない。そこから挽回するのは本当に難しかったけれど、なんとかやり遂げることができてよかった。



(autosport web)