2020年F1第3戦ハンガリーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

ハミルトン、メルセデス圧勝との予想を否定「必ずレッドブルが近づいてくる」【F1第3戦金曜】

7月18日

 2020年F1ハンガリーGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=1番手/2=16番手(ノータイム)だった。

 FP1では37周を走って1分16秒003(ハードタイヤ)をマーク、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がミディアムタイヤで出した2番手タイムとは0.086秒差、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)がソフトタイヤで出した3番手タイムとは0.527秒差だった。

 ウエットコンディションのFP2では1周走行したのみでタイムを出すことなくセッションを終えた。メルセデスは、雨用タイヤをセーブするため、FP2ではほとんど走らないことに決めたと述べている。

2020年F1第3戦ハンガリーGP金曜 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第3戦ハンガリーGP金曜 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン フリー走行1=1番手/2=16番手(ノータイム)
 最初のセッションでは必要なことはすべてできた。マシンはいい感じだったが、それでもまだやるべき作業はあったので、2回目のセッションに向けて変更を施した。でも結局、雨が降ってしまい、確認できなかった。明日、チェックしなければならない。

 FP2はウエットコンディションになり、やるべき仕事がそれほどなかったので、インターミディエイトタイヤでインスタレーションラップを走って、それでおしまいにした。

 ここはドライコンディションで走っていると最高のトラックだが、ウエットではすごくトリッキーになる。今日はグリップがかなり低いと感じた。

 パワーが重要なサーキットではないので、明日の予選はかなりの接戦になると思う。タイトな戦いになってくれればいいね。ルノーが好調なのは素晴らしいし、マクラーレンも最高の仕事をしている。レーシングポイントもね。こういった状況を見るとわくわくする。レッドブルも強さを発揮するだろう。彼らとはタフな戦いになりそうだ。

(セッション後の会見で語り)このタイム差をそのまま受け取らないでほしい。全員がそれぞれ違うプログラムに従って違うことをやっている。ウイング、燃料、エンジンなどの状態が違うんだ。FP3と予選ではもっと差は縮まるだろう。マシンに関してやるべきことがあったからその作業をしたが、雨が降ってしまった。(マシンに施した変更がうまく機能するかどうかは)次にドライコンディションで走る時まで分からない。

(メルセデスにとって今回最大の脅威は、と聞かれ)ここはレッドブル向きのコースで、彼らはここで強いことが多い。彼らとは激しい戦いになるだろう。



(autosport web)