2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

ガスリー15位「リカルドと接触した後、マシンの感触がおかしくなった」アルファタウリ・ホンダ【F1第2戦決勝】

7月13日

 2020年F1シュタイアーマルクGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは15位だった。

 ガスリーは7番グリッドからソフトタイヤでスタート。その後、ポジションを落とし、11番手走行中の24周目にハードタイヤに交換。最後尾に落ちた後、49周目にソフトタイヤに履き替え、ポイント圏内に戻れないままフィニッシュとなった。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP日曜 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP日曜 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=15位
 予選はすごくうまくいったのに、決勝はこういう結果になり、本当にがっかりだ。上位グリッドを確保していたから、そこからいいレースができると思っていた。でも序盤からうまくいかなかった。ターン1で(ルノーの)ダニエル(・リカルド)との接触があり、あやうくスピンしかけた。その後は苦しいレースになった。マシンのリヤの感触がおかしかったんだ。

 2回ストップで何かやれるかと思ったが、ペースがよくなかった。



(autosport web)