2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

アルファタウリ「アップデートの方向性は正しいと確認」クビアトが新パーツをテスト:F1シュタイアーマルクGP金曜

7月11日

 2020年F1シュタイアーマルクGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=11番手/2=12番手だった。

 クビアトはFP1では28周のなかで1分05秒815(ミディアムタイヤ)、FP2では34周を走り、1分05秒050(ソフトタイヤ)をマークした。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

 ヘッド・オブ・ビークルパフォーマンスのギヨーム・デゾトーは、今回マシンにいくつかの修正とアップデートを導入したと語った。クビアトがFP1で新しい空力パーツの評価に取り掛かったが、小さな信頼性の問題が発生したことで、予定していたすべてのデータ収集はできなかったという。それでもアップデートは正しい方向に進んでいるという感触を持ったとデゾトーは述べている。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト フリー走行1=11番手/2=12番手
 いつもの金曜日とは違い、明日走れるのかどうか分からないまま、たくさんの作業に取り組んだ。

 マシンに完全に満足していたわけではないので、さらに改善する必要があるだろう。でも金曜日ではそれが普通だ。土日に向けて修正を行うのが金曜にするべき仕事だからね。

 何ができるかを知るために、今日集めたデータをしっかり分析するよ。



(autosport web)