2020年F1第1戦オーストリアGP ケビン・マグヌッセン(ハース)

マグヌッセン「オコンの背後で冷却が不十分になり、ブレーキが終わった」:ハース F1オーストリアGP日曜

7月7日

 2020年F1第1戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、ハースのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンはブレーキのトラブルによりリタイアに終わった。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=リタイア

ロマン・グロージャン(ハース)
2020年F1第1戦オーストリアGP ロマン・グロージャン(ハース)

 ブレーキがダメになった。1周目からずっと、ブレーキを酷使しないように大事に使っていたんだ。クーリングに関して、何かが適切なレベルではなかったことは明らかだ。来週に向けて、この問題を解決するよう努めなければならないね。

 現時点での最大の懸念材料のひとつは、ペースの遅さだと思う。今日はクルマがひどくトリッキーで、特にトラフィックの中ではドライブが難しかった。しっかりと落ち着いて、何ができるかを確かめたい。来週のレースには、もっといいソリューションで臨む必要がある。

ケビン・マグヌッセン 決勝=リタイア

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2020年F1第1戦オーストリアGP ケビン・マグヌッセン(ハース)

 ブレーキを温存するために、早めにスロットルを戻すように言われていて、その距離もどんどん長くなっていた。そうして、できることはすべてやっていたのに、やはり最後はブレーキが壊れてしまった。ちょうど(エステバン・)オコンにアタックを仕掛けられた時で、彼の背後に入ったことでクーリングが不十分になり、その瞬間にブレーキが終わったのだと思う。それまでずっとギリギリの状態だったからね。

 これは予想外のことで、ブレーキが大きな問題になるとあらかじめ分かっていたわけではない。少しリフト&コーストをして、ブレーキを守る必要がありそうだとは思っていたけど、あんなことになるとはね……。もしかすると、ブレーキダクトにデブリが入っていたのかもしれない。いずれにしても残念だ。

 僕は11番手を走っていて、あれほどブレーキをセーブする必要に迫られなければ、ペースは悪くなかったと思う。

(Translation:Kenji Mizugaki)