2020年F1第1戦オーストリアGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

ペレス「ハードな戦いだったが開幕戦6位入賞は悪くない」:レーシングポイントF1オーストリアGP日曜

7月6日

 2020年F1第1戦オーストリアGPの決勝レースが行われ、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは6位を獲得した。

■BWTレーシングポイントF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=6位

 今日はハードな戦いを強いられた。ペースは良かったし、6位入賞はシーズンの滑り出しとしては悪くない。もう少し上位でフィニッシュすることも可能だったとは思うけど。

 セーフティカーのタイミングに関して、あまり運がなかった。まあ、2回目のピットストップをすべきだったと、レースが終わったあとで言うのは簡単だが、その場での判断は難しかった。終盤は、よりフレッシュなタイヤを履いたドライバーたちを相手にポジションを守らねばならなくなり、それがなかなか難しい仕事だった。

 とはいえ、クルマと自分たちのパフォーマンスについて、多くを学べたという意味ではいいレースだった。何よりもポジティブなのは、僕らのパッケージに相当な競争力があるという点だ。来週もここでまた、上位を争う戦いができると思っている。



(autosport web)