2020年F1第1戦オーストリアGP予選 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

予選2番手のハミルトン、複数の審議もグリッド降格はなし:メルセデス F1オーストリアGP

7月5日

 2020年F1オーストリアGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは2番手だった。

 ハミルトンはQ1では1分04秒198、 Q2では1分03秒096、Q3では1分02秒951を記録。決勝はソフトタイヤでスタートする。

 Q3でチームメイトのバルテリ・ボッタスがコースオフし、イエローフラッグが掲示された。後方を走行していたハミルトンは、十分な減速をしていない疑いにより、審議対象となった。スチュワードはハミルトンから説明を聞き、調査した結果、ターン5でイエローフラッグが出ていたが、ハミルトンの主張どおりグリーンライトパネルも示されていたことが分かり、不問に付すことにした。

 一方、ハミルトンはQ3の最初のランのアタックラップでターン10出口においてトラックリミット違反を犯したと判断され、このラップタイムが取り消された。しかし2回目のランでのタイムにより、ハミルトンは予選2番手のポジションを維持することができた。

2020年F1第1戦オーストリアGP土曜 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第1戦オーストリアGP土曜 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 予選=2番手
 今日はバルテリが(ポールポジション獲得という)素晴らしい仕事をした。チームにとって、とても良いシーズンの幕開けになったと思う。

 Q3最後のラップでのことだけど、ターン4出口で大きな砂煙が上がっているのが見えた。その時は、コースアウトしたマシンがどこにいるのか分からなかったけど、その後、バルテリがコースに復帰しようとしているのが見えた。でも幸いなことに、ラップに大きく影響することはなかったよ。結局、彼はポジションを守れたし、僕もそうだった。

 チームは毎年、可能性を示し、新たな基準を築き続けている。それは僕らが柔軟な考え方をし、時代に遅れずにいるからできることなんだ。僕らは常に互いから学び、ともに限界を引き上げている。チームとしてひとつにまとまり、政治的なことは一切なく、一緒に努力している。だからこそ、今年もまた強力な状態で戻ってくることができたんだ。明日もその強さをレースで見せつける必要がある。



(autosport web)