XPB Images

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:F1復帰を狙うアロンソ、“無報酬”でルノー入りか

5月19日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

 2021年F1ドライバー市場の動きが先週一気に加速した。カルロス・サインツJr.がセバスチャン・ベッテルに代わってフェラーリに移籍し、彼のマクラーレンでのシートにダニエル・リカルドが座るという報道が流れたためだ。さらにフェルナンド・アロンソがキャリア3度目となるルノー入りを果たす可能性も取り沙汰されているが、これについてはチームが役員会で承認を得ることと、アロンソと金銭面で合意することが前提となる。

 交渉当事者に近い筋によれば、アロンソはルノーでのレースを無報酬で引き受ける代わりに、マシンにかなり多くの広告スペースを要求しているようだ。これはムチュア・マドリレーニャ、サンタンデール、マフレといった以前のスポンサーに販売するためと、自身のファッションブランドである「キモア」を宣伝するためだという。アロンソの個人秘書を努めるルイス・ガルシア・アバドが、この3年間はルノーのスポンサー集めに従事しているという事実は注目に値する。関係者間での合意がそれほど難しくないと考えられるからだ。


…記事の続きはプレミアム会員登録後閲覧できます。

初月登録無料キャンペーン実施中!この記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。

※プレミアム500(月額540円)会員登録を行う事で、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。

会員登録ページへ
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。