2020年F1プレシーズンテスト ランド・ノリス(マクラーレン)

「トレーニングを積んでも、F1復帰時の身体的ショックは避けられない」とマクラーレンのノリス

5月11日

 マクラーレンのランド・ノリスは、F1の2020年シーズンが開始された直後には、ドライバーたちは“身体的な衝撃”を受けることになると予想している。

 新型コロナウイルス感染拡大により、F1の最初の10戦が延期あるいは中止となっている。F1は7月初旬のオーストリアで開幕することを目指しているが、現時点では確実に実施できるとはいえない状況だ。

 レースが行われないこの時期、ドライバーたちはハードな身体トレーニングプログラムをこなしながら体力の向上に努めている。

 しかし、これほど長い休止期間を経てレースに戻るとなると、身体が“衝撃”を受けることは避けられないとノリスは語っている。

2020年F1プレシーズンテストでのノリス
2020年F1プレシーズンテストでのノリス

「僕は自分ができることに集中している。つまり身体トレーニングを行い、プレシーズンテストのころから体力面を維持することに努めているんだ。(久しぶりに)レースに戻ると、身体がショックを受けることになるからね」とノリスはF1のインタビューにおいて語った。

「テスト走行はもちろん、F3カーやその他のどんな種類のマシンにも乗っていない。市販車を運転するだけだし、その機会すらあまりない。その状態から世界最速のマシンに乗り込むことになるんだ。コーナー周辺では大きなGがかかる。かなりの衝撃になるよ」

 ノリスは、身体的に絶好調のドライバーでさえ、なんらかの制約を感じることになるだろうと考えている。

「家では首のエクササイズなど、やりたいトレーニングは何でもできる。でもF1マシンに乗っている状態を、トレーニングで完全に再現することはできない」とノリスは付け加えた。

「誰であっても、身体にショックを感じるだろう。F1で一番、あるいは世界で一番鍛え上げた人間だとしても、(F1カーに乗ることは)人間の身体にとってきついことなんだ」


この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)