ダニエル・リカルド(ルノー)

リカルド、約29億円の年間基本報酬の20%を払い戻し。新型コロナ危機による景気後退が影響

4月16日

 ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、新型コロナウイルス危機とそれに伴うF1への影響の結果として、2020年シーズンのダニエル・リカルドの高額な報酬の一部をカットすることを認めた。

 リカルドはルノーとの2年間の契約において、当初は5500万ドル(約59億3700万円)の支払いを求めていた。この金額は、昨年起きたリカルドと彼の元マネージャーの間における法的紛争の後で公表された。

 シーズンの縮小や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによるF1の景気後退により、30歳のリカルドは2750万ドル(約29億6800万円)の年間基本報酬から、少なくとも20%の払い戻しを行うようだ。

「議論はすでに終わっている」とアビテブールは日刊紙『L'Equipe』のインタビューで話た。

「ダニエルはすでに(報酬減額を)快諾してくれた。私は彼の報酬が削減されることを認める」

 ルノーが2020年シーズンに基準を下回ることで、リカルドは翌年に向けより良い条件のチームを探すのではないかという憶測が生まれており、フェラーリが移籍先候補ではないかと見られている。

 しかし、F1シーズンが中断されていることから、チームとドライバーの今後の契約交渉は難航する可能性がある。

 アビテブールは「我々はシーズンが始まらなくても決断を下さなければならないかもしれない」が、仮にリカルドが2020年末でチームを去ることになった場合、チームは緊急計画に頼ることになるだろうと語っている。

「だからこそ我々は話し合いをしているのであり、また、ドライバーアカデミーを抱えている」

 先週ルノーはマクラーレン、レーシングポイント、ウイリアムズに続く4番目のチームとして、イギリスのエンストンにあるファクトリーで働くスタッフの一時帰休を発表した。その一方で、フランスのビリー-シャティヨンにあるエンジンファクトリーのスタッフは、4月6日から12週間の暫定期間中、パートタイムで働くことになる。


この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)