2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:セバスチャン・ベッテルとマッティア・ビノット代表(フェラーリ)

フェラーリF1代表&ベッテル「狙いどおり、コーナーで速いマシンを作り上げることができた」

2月27日

 スクーデリア・フェラーリのチーム代表マッティア・ビノットは、2020年型SF1000を設計する際に、2019年型の弱点であったコーナーでのパフォーマンスを向上させることを目指し、その目標をある程度達成できていると語った。

 フェラーリの2019年型F1マシンは、ストレートスピードが非常に速かったものの、コーナーでライバルたちよりも遅い傾向があった。

 プレシーズンテスト2回目がスタートした2月26日、ビノットとセバスチャン・ベッテルが記者会見において、今季型マシンの印象について語った。

「今シーズンのマシンは、去年型と比べて、全体的に速くなった」とビノットがコメントしたとSky Sportsが伝えた。

「(昨年より)コーナリングでは速く、ストレートでは遅くなった。このマシンを設計する際にそれを目標とした。去年はコーナーで遅すぎたので、できる限りダウンフォースをつけて、コーナーでのスピードを上げることを目指したのだ。その影響はストレートに表れるが」

「全体的なバランス、セットアップ、低速コーナーに関してはさらに改善していく必要がある。今週のテストでそのあたりにも取り組んでいく」

2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2020年第2回F1プレシーズンテスト1日目:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

「改善したと感じている。コーナーで良くなったことは明らかだ」とベッテルも述べている。

「すべての作業はコーナーに関するものであり、さまざまなセットアップアイテムを試し、感触をつかもうとしているところだ。僕らのマシンは一歩前進した。このサーキットでは、ターン3とターン9といった高速コーナーをより快適に通過できるようになった」

「コースのその他の場所でも、グリップが増したと感じるし、去年よりも速くなった」

 ベッテルは、26日、午前中に84周を走り、1分18秒113(C3タイヤ)で19人中10番手だった。午後を担当したシャルル・ルクレールは、80周のなかで13番手となる1分18秒244(C3タイヤ)をマークしている。



(autosport web)