アルファロメオF1が2020年型『C39』をシェイクダウン

アルファロメオF1、2020年型『C39』をシェイクダウン。ライコネンがバレンタインデー仕様のマシンをドライブ

2月14日

 アルファロメオ・レーシング・オーレンが、2月14日、2020年型F1ニューマシン『C39』のシェイクダウンを行った。

 チームはプレシーズンテスト初日19日にマシンを正式に披露する予定だが、それに先立ち、14日にフィオラノでキミ・ライコネンにより、マシンの初走行を実施した。

 この日のマシンはブラック&グレーにペイントされ、ハートマークを使ったアルファロメオのロゴが配されており、シェイクダウン限定のバレンタインデー仕様のカラーリングが使われているものとみられる。

アルファロメオF1の2020年型『C39』のシェイクダウンを担当したキミ・ライコネン
アルファロメオF1の2020年型『C39』のシェイクダウンを担当したキミ・ライコネン


アルファロメオ2020年型F1『C39』に飾られたハート型のロゴ
アルファロメオ2020年型F1『C39』に飾られたハート型のロゴ


アルファロメオF1が2020年型『C39』をシェイクダウン
アルファロメオF1が2020年型『C39』をシェイクダウン


アルファロメオF1が2020年型『C39』をシェイクダウン
アルファロメオF1が2020年型『C39』をシェイクダウン



(autosport web)