アルフォロメオ・レーシング2019年型F1マシン『C38』

アルファロメオF1、2020年型マシン発表会の日程を明らかに

1月25日

 アルファロメオ・レーシングが、2020年型ニューマシンをF1プレシーズンテスト開始直前に披露することを明らかにした。

 同チームは合同テストの開催地スペイン・バルセロナで、初日2月19日の現地8時15分(日本時間16時15分)にフェラーリのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する新車を発表する。その45分後にはテストセッションがスタートする。

 アルファロメオはキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのドライバーペアを維持、新たにリザーブドライバーとしてロバート・クビサと契約して2020年シーズンを迎える。クビサの個人スポンサーであるポーランドの石油会社PKNオーレンがチームの共同タイトルスポンサーとなり、正式名称は『アルファロメオ・レーシング・オーレン』に変更される。

■2020年F1新車・体制発表会スケジュール
フェラーリ:2月11日
ルノー:2月12日
マクラーレン:2月13日
アルファタウリ・ホンダ:2月14日
メルセデス:2月14日
レーシングポイント:2月17日
アルファロメオ:2月19日

2019年型アルファロメオF1マシンのシェイクダウンを行うライコネン。C38にはスペシャルカラーが施されていた



(autosport web)