シーズン後のアブダビテストでメルセデスのマシンを担当したラッセル

ラッセルの将来に期待するクルサード「プレッシャーが少ない環境でF1にデビューしたことで、着実に成長できた」

1月15日

 ウイリアムズF1のジョージ・ラッセルには強力な才能とメルセデスからの支援があるため、彼の将来は明るいと、元F1ドライバーのデイビッド・クルサードは語っている。

 ラッセルはF1での1年目をグリッド最後尾で過ごした。ウイリアムズの2019年型マシンのパフォーマンスが不足していたからだ。

 それでも21歳のラッセルは、予選では21対0でチームメイトのロバート・クビサを破り、レースでも着実な走りをしたため、関係者に非常に前向きな印象を残した。

 鋭い目を持つオブザーバーであるクルサードは、2019年にラッセルが見せた素質とスキルに感銘を受けたという。

「(後方に沈み)ほとんど目立たなかったものの、彼は素晴らしい才能を有しており、F1デビューイヤーにしっかりと経験を積み上げてきたと思う」と『Channel 4』のコメンテーターを務めるクルサードは、オートスポーツ・インターナショナルショーで語った。

「非常に優れているためクラッシュもせず、そのためテレビにあまり映らなかった。彼の才能は非常に強力なものだし、メルセデスとの関係もあるので前途有望だろうと思う」

「ラリーでの大事故からカムバックしたロバート・クビサが、スピードの面では彼の基準となるドライバーだった。スピードで優っていることを示すうえで鍵になるのは、予選で成果を出すことだ。ジョージはその力があることを一貫して証明していた」

「彼はマシンの状態に関わりなく、繰り返しそれを証明してみせた。ラップタイムを出す際にプレッシャーがあっただろうが、結果を出し続けたのだ」

「彼は少しばかりスポットライトから外れていたことで、F1を理解する時間を多少得ることができたのだ。それは間違いないと思う」

ウイリアムズF1:ロバート・クビサ、ジョージ・ラッセル
ウイリアムズF1:ロバート・クビサ、ジョージ・ラッセル

 ラッセルは成長中であり、今後の彼に改善が見られることは明白だとクルサードは主張する。

「今の彼は若いが、数年の間には確実に、心身ともに競争の激しいF1という場での挑戦に立ち向かえるようになる」とクルサードは付け加えた。

「チャンピオンシップの戦いに加わると、長いシーズンを通して疲労に対処しなければならない。そうしたことを我々は多くの場面で過小評価しがちだ」

「たとえばルイス(・ハミルトン)は、そうした面でチームメイトと比較した際にかなりの強みがあるようだ」


この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)