XPB Images

F1歴史アーカイブズ:さらばヒュルケンベルグ「ミスター4位」

12月25日

 ドイツ人のニコ・ヒュルケンベルグが今年2019年限りでF1から去る。そのデビューは2010年だから、10年間に亘って奮闘してきたことになる。

 初年度の10年はウィリアムズ、11〜12年はフォースインディア(11年は金曜プラクティス1回目のみ走行担当)、13年はザウバー、14〜16年は再度フォースインディア、17〜19年はルノーと、結局トップチームに恵まれることはなかったが、与えられた環境下で好走を見せてきた。


…記事の続きは一般会員登録後閲覧できます。

この記事は一般会員専用のコンテンツとなります。

※月額216円の一般会員登録を行う事で、F速独自の連載コンテンツを閲覧することができます。

※プレミアム500会員は、一般(216円)+プレミアム会員(324円)が一つの契約で一括登録される会員状態となります。プレミアム会員に登録すると、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。
会員登録ページへ
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。