2019年F1第20戦ブラジルGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

ライコネン「表彰台に届かなかったのは残念だがうれしい結果」アルファロメオが2019年ベストの4&5位:F1ブラジルGP

11月19日

 2019年F1ブラジルGP決勝で、アルファロメオのキミ・ライコネンは4位、アントニオ・ジョビナッツィは5位だった。

■アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネン 決勝=4位
 チームにとってシーズンベストの結果を出すことができてとてもうれしい。こういうリザルトのために僕らは懸命に働いている。今日はポジティブな一日だった。

 レースのほとんどを単独で走っていたが、終盤になって集団のなかを走行することになった。(カルロス・)サインツをオーバーテイクすることができなくて残念だ。彼を抜いていれば3位表彰台を獲得できた。僕らにはスピードがあったし、2度仕掛けることができたのだが、抜くには至らなかった。

 でも上を見たらきりがない。2台で大量にポイントを稼げたのだから、よしとしよう。

2019年F1第20戦ブラジルGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2019年F1第20戦ブラジルGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=5位
 ものすごくハッピーだ。チームと来年の契約を結んだすぐ後のレースで2台揃って入賞だなんて、最高の形で祝うことができた。

 スタートは今年一番の出来で、3つポジションを稼ぎ、すぐにトップ10に入った。でもそこからが大変だったね。戦略は素晴らしかった。リスタートは重要で、特に最後のはダニエル(・リカルド)からプレッシャーをかけられていたから、難しかった。最後の10周はクレージーだった。本当にきつかったが、なんとかポジションを守り切った。

 チームの全員が素晴らしい仕事をした。自分たちの仕事に満足していいと思う。一戦一戦向上しているから、アブダビでシーズンを最高の形で締めくくりたい。



(autosport web)