XPB Images

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:レッドブル「決断を急ぐ必要はない」とドライバー選定の期限延長

11月6日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

まさかの4人目候補の可能性も?
XPB Images
 レッドブル・ホンダのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年シーズンにマックス・フェルスタッペンとパートナーを組むドライバーの選定について、チームとしてはアブダビGP終了後まで決断しないとオースティンで明らかにした。

 マルコは「2020年ドライバーの選定期限をメキシコGP終了後に設定していたのは誤りだった」と認めたうえで、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトのメインチーム復帰の可能性についても排除しないと語った。

「現在、我々は3名のドライバーと契約を結んでいる。したがって決断を急ぐ必要はない」

 しかし、2019年シーズン途中にレッドブルに昇格してから7戦で68ポイントを挙げているアレクサンダー・アルボンが、開幕からの12レースで63ポイントにとどまったガスリーに2020年のシートを明け渡す理由を見つけることは難しい。

 それでも、周知のようにマルコはパドックでも最も予測のつきにくい人間であり、フェルスタッペンの2020年のパートナーにまったく別のドライバーを連れてきてみんなを驚かせることもあるかもしれない。


…記事の続きはプレミアム会員登録後閲覧できます。

初月登録無料キャンペーン実施中!この記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。

※プレミアム500(月額540円)会員登録を行う事で、厳選されたF速本誌の最新記事をお楽しみいただけます。

会員登録ページへ
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。