ケビン・マグヌッセン(ハース)

マグヌッセン「ブレーキトラブルで終盤にストップ。グリップがなくてペースも悪く、全然速さがなかった」:ハース F1アメリカGP日曜

11月5日

 F1アメリカGPの決勝レースが行われ、ハースのロマン・グロージャンは15位、チームメイトのケビン・マグヌッセンは18位でレースを終えた。
 
■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=15位

2019年F1第19戦アメリカGP決勝 ロマン・グロージャン(ハース)
2019年F1第19戦アメリカGP決勝 ロマン・グロージャン(ハース)

 トリッキーなレースだった。スタートを迎える前から、少しばかり厳しいレースになるであろうことは予想できた。残念なことにトップスピードが遅くて、レース序盤は相手が誰だろうと、まったくオーバーテイクができなかった。

 プランAはミディアムからソフトへ履き替える作戦だったので、ミディアムでできるだけ長くステイアウトしようと試みた。ところが、みんながピットに入る頃には、こちらのタイヤもダメになっていて、次々と抜かれてしまった。あの時点では、ラップタイムがとんでもなく遅くなっていたからね。

 後半はハードを選んだところ、そっちのタイヤではかなりいい感じで、バランスにもラップタイムにも満足できた。ただ、もう前との差は大きく開き、戦うチャンスはなくなっていた。

ケビン・マグヌッセン 決勝=18位
 終盤に止まってしまったのは、ブレーキに問題が起きたからだ。タフな一日だったよ。とにかくグリップもなければペースも悪くて、全然速くなかった。僕らが問題を抱えていることは誰の目にも明らかだが、いずれにしてもベストを尽くそうと努めた。

 1周目には9番手まで浮上できて楽しかった。でも、ペース不足はどうしようもなく、その後はズルズルと順位を下げる一方だった。そして、僕のレースはブレーキのトラブルで終わった。

(Translation:Kenji Mizugaki)