2019年F1第18戦メキシコGP決勝 ロマン・グロージャン(ハース)

グロージャン「何もうまくいかなかった。次のレースで良くなることを願う」:ハース F1メキシコGP日曜

10月29日

 2019年F1第18戦メキシコGPの決勝レースが行われ、ハースのロマン・グロージャンは17位、ケビン・マグヌッセンは15位に終わった。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=17位

ロマン・グロージャン(ハース)
ロマン・グロージャン(ハース)

 厳しい午後だったよ。何もうまくいかなかった。次は良いレースになるように願うばかりだ。マシンがどうなっているのか、解明を続ける必要がある。ここではフリー走行3回目の時から感触がおかしかった。そしてそれはレースでも続いたんだ。

ケビン・マグヌッセン 決勝=15位

2019年F1第18戦メキシコGP決勝 ケビン・マグヌッセン(ハース)
2019年F1第18戦メキシコGP決勝 ケビン・マグヌッセン(ハース)

 1ストップ戦略がうまくいったことを考えれば、僕たちは良い仕事をしたと思うよ。スタート時にキミ(・ライコネン)に衝突されて、マシンにダメージを負った。僕たちはみんな行き場がなく、僕はフロアを損傷した。こうしたことや、今日はペースが出せなかったことなどを考慮に入れれば、僕たちはできる限りベストを尽くしたと思うよ。



(autosport web)