ケビン・マグヌッセン(ハース)

マグヌッセン「セーフティカーが不利に働き、ウイングに袋が引っかかる不運も重なった」:ハース F1シンガポールGP日曜

9月24日

 2019年F1第15戦シンガポールGPの決勝レースが行われ、ハースのロマン・グロージャンは11位、チームメイトのケビン・マグヌッセンは17位だった。

 17番手からミディアムタイヤでスタートしたグロージャンは、最初のスティントを長めに走り、23周目にハードタイヤに交換した。ところが36周目にジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)と接触し、フロントウイングにダメージを負ってピットイン。隊列の後方まで順位を落とすも、最終的には入賞まであと一歩の11位でレースを終えた。

 一方同じくミディアムタイヤで13番手からスタートしたマグヌッセンは、序盤にポジションを上げてトップ10圏内を走行。しかしセーフティカーのタイミングでポジションを落とし、終盤にはフロントウイングにビニール袋が引っかかってしまう不運にも見舞われ17位となった。なおマグヌッセンはファステストラップを記録したものの、入賞圏外での記録のためポイントは加算されない。

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=11位

2019年F1第15戦シンガポールGP ロマン・グロージャン(ハース)
ロマン・グロージャン(ハース)

 ポイントまであと少しだった。序盤はケビン(・マグヌッセン)がいいレースをして、トップ10にいたのに対し、僕はずっと後方で苦戦していた。まわりとは違う戦略を採り、ミディアムタイヤでできるだけ長くコースに留まろうとしていたんだ。

 そうして、セーフティカーが出るのを待っていたのだが、実際に出動したのは、僕自身とジョージ(・ラッセル)の接触が起きたためだった。これからビデオを見る必要があるけど、僕としてはあのコーナーの出口で、できる限り左に寄っていたつもりだ。そこにランオフエリアはなく、どこにも逃げ場がなくなって、ウォールに接触した反動で彼と当たってしまった。スペースがなくて、どうすることもできなかった。

 その後、またセーフティカーが出たおかげで、終盤には順位争いに復帰することができた。可能な限りハードに戦ったけど、タイヤのデグラデーションがひどすぎて、最後の数周は泣きたくなるほどつらかった。

ケビン・マグヌッセン 決勝=17位
 残念ながら、ファステストラップを記録しても何の意味もなかった。最初はトップ10圏内で戦っていたのに、セーフティーカーに関してアンラッキーだった。ずっとハードワークを続けて、幸運とかピットストップの巡り合わせとか、そういうものには頼らずに、実力でトップ10に入れるほどのいい仕事をしていた。1周目はうまく切り抜けたし、クルマのペースも良かった。

 ところがセーフティカーが出るたびに、それが僕にとっては不利に働いたんだ。しかも、フロントウイングにポリ袋がひっかかって、それを取り除くためにピットに入るという不運も重なった。

 それ以降は悲惨だったね。途中までいいレースをしていて、チームの全員があれほどいい仕事をしながら、それが無慈悲にも全部奪われるなんて本当に気が滅入るよ。

(Translation:Kenji Mizugaki)