アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

アルボン、自己最高の5位入賞を掴んだDRSの駆け引きを振り返る「まるで譲り合いのようだった」

9月3日

 レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、レッドブルにおける初レースであった第13戦ベルギーGPにおいて5位フィニッシュを果たした。ルーキーのアルボンは、最終ラップでレーシングポイントのセルジオ・ペレスと繰り広げた追いつ追われつの“DRSゲーム”を制したのだ。

 難しい状況だったレース前半、アルボンは17番グリッドからトップ10にまで順位を上げたが、ミディアムタイヤからソフトへタイヤを交換する1ストップ作戦の後に順位を落としてしまった。しかし彼は最後の20周における渾身の走行により、再び入賞圏内に浮上した。

 アルボンはトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトを追い抜いて7番手まで浮上すると、ペレスとの差を埋めるべくプッシュし、レース終盤になってペレスに追いついた。

 しかしアルボンは、最終ラップになるまでペレスへ仕掛けることを控えていた。レーシングポイントのストレートスピードとDRSが組み合わされば、ペレスがケメル・ストレートからレ・コーム(ターン5)を走行する際に決定的に有利になることを分かっていたからだ。

 意図的に攻撃を控えたアルボンは、オー・ルージュから丘の上に到るまでペレスのリードを許した。そして最終的にDRSの力を借りて、ペレスを右側からオーバーテイクする動きに出たが、ペレスはアルボンを芝生の上に押し出した。これにスチュワードは難色を示し、レース後に双方のドライバーを審議のために呼び出した。

「僕たちは(ターン1で)DRSゲームをしていた」とアルボンは『Sky F1』に説明した。

「明らかにセルジオはDRSを使いたがっていたし、レーシングポイントはストレートで強いからね。まるでバーチャルセーフティカーのリスタートのようだった」

「週末の間、レーシングポイントはストレートですごく速かった。(最終ラップにラ・スルスを抜ける際は)まるで、譲り合いをしているような感じだった」

「僕は(オー・ルージュを通過した後で)うまいことセルジオを捕らえようとしていて、彼が不利になることを願っていた」

「いくつかの点で、DRSは効きすぎるほどだ。だからDRSを利用できたら、ほとんどの場合前のマシンをオーバーテイクできる。そのことを念頭に置いて、順位が落ちそうだと分かっている時は常にDRSを利用しようとして争うんだ」

「楽しかったし、後でそのことについて僕たちは笑ったよ」

 両ドライバーは、この一件が激しいバトルによるものであることを認めており、スチュワードもそのように判断したため、最終的にペレスの動きについてはお咎めなしとなった。


この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)