2019年F1第12戦ハンガリーGP土曜 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

クビアト予選13番手「コミュニケーションミスもあったが、いずれにしてもQ3進出は無理だった」:トロロッソ・ホンダF1

8月4日

 2019年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは13番手だった。

 クビアトは予選をソフトタイヤのみで戦い、Q1では1分16秒750で11番手、Q2では1分16秒692で13番手となり敗退した。

2019年F1第12戦ハンガリーGP土曜 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第12戦ハンガリーGP土曜 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト 予選=13番手
 最後のランの際にチームとの間に少しコミュニケーションミスがあって、間違ったマシンセッティングでコースに出た。それ以外は今日の予選に問題はなかったと思う。

 マシンのポテンシャルをほぼ最大限に引き出せた。タイムを上げられる余地はあと0.1秒ぐらいしかなかったと思う。つまり、このあたりが僕らの実力に見合った位置といえるだろう。

 13番グリッドは戦えるポジションだと思う。ただ、このサーキットはオーバーテイクが難しくて、マシン同士がつながって“トレイン”状態で走ることが多い。それでもレースは長いから、戦略を利用して、有利に事を運ぶことができるかもしれないよ。スタートが重要になる。いいスタートを決めて、どの位置までいけるかだね。できる限りいいレースをしたい。



(autosport web)