2019年F1第9戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

ライコネン9位「トップチームと戦える速さはなかった」。ジョビナッツィは初入賞:アルファロメオ F1オーストリアGP

7月1日

 2019年F1オーストリアGP決勝で、アルファロメオのキミ・ライコネンは9位、アントニオ・ジョビナッツィは10位だった。ライコネンはスタートで6番手から4番手に上がり、数周その位置を維持した後、徐々にポジションを落とした。ジョビナッツィは今回F1での初入賞を果たした。

■アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネン 決勝=9位
 ポイントを獲れたのだから、満足してもいいだろう。チームにとっていい結果だった。

 スタートはうまく決まって、序盤の数周もまずまずだった。ただ、それ以降はちょっと厳しかったね。あのあたりのクルマと戦うには少しスピード不足を感じ、同じレベルのドライバーと争う時には、タイヤのケアをしなければならなかった。タイヤを十分に長く持たせながら、なお十分に速く走ろうとするのは、綱渡りのようなものだ。その点では少し残念だけど、最終的には悪くない成績だった。

 まだ改善できる余地がいろいろとある。フィーリングとしては昨日の方がわずかに良かったが、全体としてのパフォーマンスは進歩しつつある。

2019年F1第9戦オーストリアGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2019年F1第9戦オーストリアGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=10位
 初ポイントを記録できて、本当にうれしい。すばらしい気分であると同時に、やっと重い肩の荷を下ろせたと感じている。今日はこれ以上の成績は望めなかったと思う。2台がトップ10に入れて本当によかったよ。

 昨日の予選はすごくポジティブだったのに、今日のレースはとても厳しかったんだ。レースの大半を通じて、(セルジオ・)ペレスに背後からプレッシャーをかけられていたけど、僕はどうしてもこの1ポイントが欲しかった。

 今日は僕らが続けてきた仕事が報われたのだと思う。ただ、ここで気を抜かずに前進を続けなければならない。フランス以降、チームとしては正しい方向へ歩み出している。これを続けていかないとね。



(autosport web)