2019年F1第3戦中国GP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

ガスリー6位「狙いどおりファステストラップを記録。徐々に自信を持って走れるようになってきた」:レッドブル・ホンダ F1中国GP日曜

4月14日

 2019年F1中国GP決勝で、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは6位を獲得した。6番グリッドからソフトタイヤでスタートしたガスリーは、ハード、ミディアムと交換した後、レース終盤、6番手走行中に、再度ピットストップ。後方とのギャップが大きかったために、残り3周のところでポジションを落とさずにソフトタイヤに交換、ファステストラップを狙いに行った。目的を達成したガスリーはボーナスポイント1点を手に入れた。

2019年F1第3戦中国GP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第3戦中国GP ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
ピエール・ガスリー 決勝=6位
 F1で初めてファステストラップを記録することができてうれしい。最後の数周、後ろのマシンとのギャップがとても大きかったので、追加のピットストップをして、狙いにいったんだ。うまくいってよかったよ。

 レース中、リズムを保ち、タイヤを労わり、マシンの感触がよくなるよう努めながら走った。徐々に自信を持って走れるようになってきている。レースウイークエンドごとに一歩ずつ前進しているんだ。もちろん、毎回3歩ずつ進めればそれに越したことはないけどね。

 次のレースに向けて課題が残っているけれど、改善するために必要なのは何なのか分かっているのはいいことだ。

 ポイント圏内でフィニッシュできてうれしいよ。さらにファステストラップで1ポイント加算されたしね。今夜のうちにファクトリーに向かい、明日から2日間、シミュレーターに乗って、次のレースのための作業を行う予定だ。



(autosport web)