2020年F1第1戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が優勝

ボッタス、トラブルを抱えながら全周リードの完勝「ミスは絶対許されないと分かっていた」メルセデス F1オーストリアGP

7月6日

 2020年F1オーストリアGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは1位だった。

 ポールポジションのボッタスはソフトタイヤでスタート、26周目にハードに交換する1回ストップ戦略を採り、すべてのラップをリードした。しかし途中でメルセデスは2台がギヤボックス関連の問題を抱えていることを発見し、ドライバーに対し縁石を使わないよう指示した。チーム代表トト・ウォルフは「状況は非常に深刻で、一時は2台ともフィニッシュできないかと思った」と述べている。

2020年F1第1戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が優勝
2020年F1第1戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が優勝

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=1位
 レース中のプレッシャーはとても大きかった。セーフティカーは1度ぐらいならオーケーだけど、最後のが出た時には「またか?」と思ったよ。少しでもミスをしたら、リードを奪われると分かっていた。彼(ルイス・ハミルトン)はすごく速かったけれど、僕はミスのない走りをし、レースをコントロールした。最高のシーズン幕開けとなった。

(センサーの問題により)マシンをうまく管理して走る必要があった。縁石はいくつか使わないようにしたが、途中で少し心配になった。結局すべてうまくいってよかったよ。2台とも走り切って、コンストラクターズ選手権ではトップだ。とてもいい兆候だね。



(autosport web)