オートスポーツ・アワード 2014 ルイス・ハミルトン(メルセデス) LAT

最優秀ドライバーにハミルトン、英オートスポーツ賞

12月8日

 7日にイギリスのロンドンで開かれた『オートスポーツ・アワード 2014』で、メルセデスのルイス・ハミルトンが国際レーシングドライバー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 今季11勝を挙げ、2度目のF1ワールドチャンピオンに輝いたハミルトンは、シーズン最終戦までタイトルを争ったチームメイトのニコ・ロズベルグやドライバーズ選手権3位のダニエル・リカルド、同4位のバルテリ・ボッタス、インディカー・チャンピオンのウィル・パワー、今年3度目のル・マン制覇を達成したアンドレ・ロッテラーといった他の候補を抑え、英国コンペティション・ドライバー・オブ・ザ・イヤーとのダブル受賞を果たした。

 また、レーシングカー・オブ・ザ・イヤーでもハミルトンをチャンピオンに導いたメルセデスW05が選ばれた。このカテゴリーには、WEC世界耐久選手権でドライバーとマニュファクチャラーの2冠を達成したトヨタTS040や、今季のWTCC世界ツーリングカー選手権を席巻したシトロエンCエリーゼWTCC、初シーズンでマルコ・ウィットマンをDTM王者に導いたBWM M4 DTMなども候補にあがっていたが、F1で19戦16勝と圧倒的な強さをみせたメルセデスW05が栄えある賞を獲得、エンジニアリングディレクターのアルド・コスタがトロフィーを受け取った。

 ルーキー・オブ・ザ・イヤーは、トロロッソのダニール・クビアトが受賞。来年からセバスチャン・ベッテルの後任としてレッドブルをドライブするクビアトは、今季、開幕戦を含む5度の入賞のほか、初開催の母国ロシアGPで予選5番手を獲得するなど非常に印象深い活躍をみせ、同じルーキーのケビン・マグヌッセンや来季のトロロッソドライバーに指名されたマックス・フェルスタッペン、GP2初参戦でランキング2位の活躍をみせたストフェル・バンドーン、ヨーロッパF3チャンピオンのエステバン・オコン、NASCARのカイル・ラーソンらを抑えた。

 イギリスの若手ドライバーのなかで今シーズンの実績と今後の活躍が最も期待されるドライバーに贈られるマクラーレン・オートスポーツBRDCアワードは、16歳でBRDC F4チャンピオンに輝いたジョージ・ラッセルが受賞した。
 彼には、BRDC(英国レーシング・ドライバーズ・クラブ)の正規会員資格が与えられるとともに、アライのカーボン製レーシングヘルメット『GP-6RC』、賞金10万ポンド(約1890万円)、そしてマクラーレンのF1テストの機会が与えられる。

 なお、モータースポーツへ多大な功績を残した人物に贈られるジョン・ボルスター賞には、ブラバムやマクラーレンでチャンピオンマシン輩出した伝説のF1デザイナー、ゴードン・マーレイが選ばれている。