F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハースF1、2023年も公式テスト&リザーブドライバーにピエトロ・フィッティパルディを起用

2023年1月24日

 1月24日、マネーグラム・ハースF1チームは、2023年シーズンも公式テスト&リザーブドライバーにピエトロ・フィッティパルディを起用すると発表した。


 F1で2度チャンピオンを獲得したエマーソン・フィッティパルディの孫であるピエトロは、2019年よりハースでリザーブドライバーを務めている。2020年には、第15戦バーレーンGPで大クラッシュに見舞われたロマン・グロージャンの代役として2戦に出場した。


 2022年はプレシーズンテストをはじめ、メキシコGPとアブダビGPのフリー走行1回目に参加。シーズン終了後にはアブダビテストにも参加しVF-22を走らせた経験を持っている。そんなピエトロの役割は、シーズンを通してコース上での戦略に関わる作業を担当し、コース外では商業面やデジタル的な業務でチームをサポートすることだ。


 ハースのリザーブドライバーとして5年目を迎えるフィッティパルディは、以下のようなコメントを寄せた。


「家族同然のマネーグラム・ハースF1チームと(仕事を)続けられることをとても嬉しく思っている。ハースの公式リザーブ&テストドライバーとして5シーズン目になるが、非常に競争力のあるシーズンを終えて2023年に臨むことをとても楽しみにしている」


「昨年は2回のフリー走行、プレシーズンテスト、シーズン後のテストに参加し、僕たちは新しいシーズンに向けていくつかのことを試した。新しいマシンと開発を見るのが楽しみだ。VF-23でさらに大きく前進できることを願っている」

2022年F1アブダビテスト ピエトロ・フィッティパルディ(ハース)
2022年F1アブダビテスト ピエトロ・フィッティパルディ(ハース)


 またチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、どんな状況にもすぐに適応できる能力を持つフィッティパルディはチームにとっての財産であると述べた。


「私は以前、F1での成功には継続性と一貫性が重要だと言った。2023年にピエトロがチームに残ることで、我々には強固な基盤があると信じることができる」


「F1ではどんなシナリオにも即座に対応することが求められるが、ピエトロはそれを証明しており、2020年に2度行ったようにいつでもマシンに乗ってドライブする用意ができている」


「昨シーズン、彼はプレシーズンテスト、2回のフリー走行、シーズン後のテストに参加してVF-22をドライブし、驚くことにグリッド上の多くのドライバーとは違って、このマシンが彼のアグレッシブなスタイルに合っていると言った。トラックでの走行時間が限られている状況において、これは素晴らしいことだ」


「彼はチームにとっての財産であり、今シーズンも彼が我々と仕事を続けることを楽しみにしている」


 なおフィッティパルディは、2023年はWEC世界耐久選手権のLMP2クラスにJOTAから参戦することも決まっている。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編