F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【動画】リカルド、アメリカの人気番組“エレンの部屋”でF1ドライバーの生態を解説

2021年11月12日

 マクラーレンのダニエル・リカルドがアメリカの人気トーク番組に出演。時差ボケへの対処法からレース中の生理現象まで、F1に馴染みの薄いアメリカの視聴者に向けて、ドライバーたちの生態を明らかにした。



 ダニエル・リカルドが出演したのは、アメリカでおよそ20年に渡って放送されているトーク番組『The Ellen DeGeneres Show(エレンの部屋)』。近年Netflixの人気ドキュメンタリー『フォーミュラ1:栄光のグランプリ』の影響でF1ファンが急増しているアメリカだが、この番組の司会者エレン・デジェネレスもそんなファンのひとり。「F1についてはまったく知らなかったけど、『栄光のグランプリ』は見始めたら止まらなくなった」と、その魅力に取り憑かれていることを明かした。


 とはいえ、アメリカでのF1の認知度はそれほど高くない。視聴者に向けてF1について説明するよう求められたリカルドは、「世界各地でとてつもなく速く車を運転するんだ」と簡潔極まりない説明で笑いを誘った。


 彼らにとって馴染みの薄いF1ドライバーがゲストということで、トークの話題はリカルドの生活スタイルに集中。「(世界各地を転戦していて)時差ボケにならないの?」というエレンからの素朴な疑問に、リカルドは「F1のレースはハードだしアドレナリンも出るから、睡眠時間が短くても意外となんとかなる。と、自分には言い聞かせているんだ」と軽妙に返答し、またしてもスタジオを沸かせる。


 さらにエレンが気になったのはドライバーたちの『オシッコ問題』。「レース中にオシッコに行きたくならないの?」と問われたリカルドは「僕は一度もしたことがない」と念押ししたうえでこう語った。


「でももし行きたくなったら、最後まで我慢するのは辛いだろうね。小さなバンプやコーナーのたびに悶えるハメになりそうだ」


 走りだけでなくトークでもアメリカのファンを魅了したリカルドだった。



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編