F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトンが2010年F1トルコGPでドライブした『MP4-25A』がオークションに出品

2021年5月19日

 現代のマクラーレンのF1マシンがオークション市場に出品されるのは今日珍しいことだが、2010年にルイス・ハミルトンが第7戦トルコGPで優勝したときの『MP4-25A』が、今年シルバーストンでオークションにかけられる。


 報道によるとRMサザビーズは、貴重なマシンを7月の第10戦イギリスGPでオークションに出すという。シャシー番号1のMP4-25Aは、レースウイーク中にシルバーストンで爆音とともにデモランも行うということだ。


「特にこのシャシー番号1の入手については、モデルの希少性を考えると千載一遇の機会となる」とRMサザビーズは声明のなかで述べている。


「依頼人との守秘義務から、個人所有の正確な台数を開示することはできないが、これはわずかな台数しか存在しないと考えられる」


「このような品には高い希望が寄せられる。多くが個人の所有によるものなので、近い将来売りに出されることはないだろう」


「さらに、マクラーレン・メルセデスはこのクルマが今もコースを走ることができると話しており、個人向けヘリテージ部門の一部である専任のファクトリーチームがサポートにあたっている」

ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2010年F1第7戦トルコGP ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がドライブする『MP4-25A』


 ハミルトンのマクラーレンMP4-25Aは500万ドル(約5億4500万円)から700万ドル(約7億6300万円)の価値があると推測されているが、裕福で熱心なコレクターたちがマシンの価値をRMサザビーズの最初の評価額からかなり釣り上げることは間違いないだろう。


 なお、アイルトン・セナが最後のモナコGP優勝時に乗っていて、間違いなくF1の歴史でいっそう価値のある一品とされたマクラーレンMP4/8Aが2年前にボナムスで500万ドル(約5億4500万円)で落札されたが、それは現代のF1マシンに支払われた最高額のひとつだった。


 その買い手は? バーナード・チャールズ・エクレストンという人だ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン369.5
2位ルイス・ハミルトン369.5
3位バルテリ・ボッタス218
4位セルジオ・ペレス190
5位シャルル・ルクレール158
6位ランド・ノリス154
7位カルロス・サインツJr.149.5
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー100
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※サウジアラビアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム587.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ559.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ307.5
4位マクラーレンF1チーム269
5位アルピーヌF1チーム149
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ120
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号