2022年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とクリスチャン・ホーナー代表

【】レッドブル代表「マックスは不運にも黄旗で約0.4秒失った」360度スピンには「あり得ない」と驚愕/F1第10戦予選

7月3日

 2022年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは4番手だった。

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 非常にトリッキーなコンディションであったが、ドライバーふたりにとって良い予選になった。イエローフラッグが出たことでマックスは0.3秒か0.4秒ぐらいロスすることになったのは不運だった。それでもフロントロウは確保できたし、チェコは2列目に入ったので、我々としては満足している。今日のセッションの状況を考えれば、良い位置と言えるだろう。

 明日がドライのクリーンなレースになったなら、戦略とタイヤのデグラデーションがカギになるだろう。昨年までと比較して、今年、我々のマシンは前のマシンに近づくことが可能になっており、それはベケッツにおいて極めて重要になる。明日、美しい英国の夏が続くなら、すべてが一瞬にして変わってしまう可能性があるが、いずれにしてもフェラーリと戦えることを願っている。

(F1キャリア初のポールポジションを獲得した)カルロス(・サインツ)におめでとうと言いたい。我々のジュニアドライバーだったころから、彼はウエットコンディションが得意だった。今日はポールにふさわしい、素晴らしい仕事をした。

2022年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

(Q3でのフェルスタッペンの360度スピンについて聞かれ)彼はあのスピンで2秒しか失わずにラインを通過した。あり得ない出来事だ。もちろん計画にはなかった。だがマックスは常に限界を見つけようとしているのだ。



(autosport web)