2024.06.12

ウイリアムズF1代表、2025年のドライバー候補はふたりと明かす。本命サインツに「我々を選ぶのが正解」とラブコール


2024年F1第9戦カナダGP カルロス・サインツ(フェラーリ)
Other Photo

 ウイリアムズF1チームの代表ジェームズ・ボウルズは、2025年のドライバー候補の選考プロセスにおいて、アレクサンダー・アルボンのチームメイトの候補は2名に絞られていると述べ、カルロス・サインツが第一希望であると公言した。

 アルボンとウイリアムズは複数年契約を結んだことを5月に発表、彼がF1に新レギュレーションが導入される2026年にもチームにとどまることが確定している。

 現在のレギュラードライバー、ローガン・サージェントは、来年F1に残るための困難な戦いに直面している。

 ボウルズは、カナダGPの金曜日、メディアに対して、来季ドライバーについて話すなかで、サインツにラブコールを送った。

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第9戦カナダGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

「最終候補リストに残ったのはふたりだけであり、シンプルな状況だ。そのうちのどちらがトップ候補かということについては、我々は非常にオープンに話し合ってきたと思う」

「今のこの状況で、カルロスとの一致を見出すために何ができるかを見極めているところだ。カルロスは素晴らしいドライバーだと思う」

「彼はレースでの優勝経験があり、昨年、他の誰よりも自分の道を見つけることができたドライバーだ。しかし、どこへ行きたいかは彼の選択次第だ」

 レッドブルがセルジオ・ペレスの在籍期間をさらに2シーズン延長する決定を下したことにより、サインツの2025年の選択肢はキック・ザウバー/アウディとウイリアムズに限られたようだ。

 ヒンウィルのチームはアウディに買収されたため、長期的なプロジェクトを求めるドライバーにとってエキサイティングな将来となる可能性を秘めている。

 しかしボウルズは、3度のグランプリウイナーであるサインツにはウイリアムズが最も適しているという強い信念を表明している。

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)
2024年F1第9戦カナダGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)

「彼にはひとつかふたつの選択肢があることがはっきりしている。我々はそのふたつのうちのひとつだ」とボウルズは語った。

「個人的には、我々が正しい選択だと思う。一緒になれば素晴らしい組み合わせとなる。だがもちろん選択は彼に委ねられている」

 ボウルズの2名からなるドライバーリストの2番目のドライバーがサージェントなのか、それとも別の候補者に目をつけているのかどうかについて、ボウルズは明らかにしていない。

ウイリアムズF1チーム代表ジェームズ・ボウルズ
2024年F1第9戦カナダGP ウイリアムズF1チーム代表ジェームズ・ボウルズ

 ボウルズは、サージェントを除外する発言はしていないが、彼が残留するにはさらなる向上が必要であると示唆した。

「(彼が一歩前進したことは)間違いないと思うし、実際、2年目のオスカー(・ピアストリ/マクラーレン)と非常に似た成長を見せている。その結果、自信が芽生え始めているのが分かるし、パフォーマンスも発揮されている」とボウルズ。

「2台同じ仕様で走らせていない時期もあった。蓄積された以前のダメージの影響もあれば、アップグレードを前倒ししたものの、両方のマシンに投入するには十分でなかったせいもある」

「彼はひとりの人間として常に進化しているし、私は彼がそのような状況にあってほしいと望んでいる。彼は、私のターゲットとして必要としているところにいるか? それが大きな問題となる」

「このような状況で彼のシートを守れるようにするためには、彼にはさらに多くのことが必要となる」

この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)

最新ニュース一覧

2024-07-22更新
2024-07-21更新

最新PHOTO一覧






|TOP|NEWS|