F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第6戦モナコGP FP1:トップはハミルトン、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが僅差で2番手

2019年5月23日

 2019年F1第6戦モナコGP木曜フリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。2番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。チームメイトのピエール・ガスリーは6番手タイムをマークしている。


 GP開催直前の月曜日にニキ・ラウダの訃報が伝えられ、メルセデスやレッドブルなどは車体にドイツ語でDanke Niki(ありがとう、ニキ)の言葉を記して初日フリー走行に臨んだ。FP1の始まった午前11時の天候は曇り。気温18℃、路面温度24℃と、例年より涼しめのコンディションだ。


 事前の予想通り、メルセデスが序盤から速さを発揮。1−2体制を構築したハミルトンとバルテリ・ボッタスが、タイムを更新し続ける。地元出身のシャルル・ルクレールだけが、0.156秒差の3番手で食い下がっている。4番手にはマックス・フェルスタッペンが上がったが、0.5秒以上遅い。


 18分過ぎ、ハースの2台に黒旗が出された。外から見た限りでは、異常はわからない。チーム側の説明では、2台ともにテレメトリーと無線に不具合が出て、ドライバーとまったくやり取りができなくなり、FIAがピットに戻させたとのことだった。


 開始後30分過ぎにはハミルトンが、ボッタスにコンマ7秒以上の差を付ける1分12秒932までタイムを更新した。直後にフェルスタッペンが、2番手に上がる。とはいえハミルトンからはまだ、コンマ5秒以上遅い。クビアトがボッタスの0.025秒差まで迫る4番手に付けている。


 その後は再びボッタスが2番手に復帰したが、12時7分過ぎにフェルスタッペンが1分12秒165の自己ベストを叩き出し、首位ハミルトンの0.059秒差まで迫った。0.013秒の僅差でボッタス。0.3秒以上遅れて、ルクレール、ベッテルのフェラーリ勢。6番手にルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。ガスリーはフェルスタッペンに1秒以上の差を付けられ、しばらく7番手に甘んじた。しかし終了10分前に自己ベストを更新し、ベッテルに次ぐ6番手まで順位を上げた。


 トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが12番手、アレクサンダー・アルボンは約0.1秒落ちの13番手だった。ハースの2台も走行を再開し、ほぼ全車が順調に周回を重ねる中、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)だけはチェック走行後にガレージにこもりきりとなりタイム計測できずに終わった。



(Kunio Shibata)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報