F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、メルセデスの追撃を振り切り堂々の2連勝。フェラーリの地元で9年ぶりの勝利をもたらす/F1イタリアGP決勝

2019年9月8日

 9月8日現地時間午後3時10分、2019年F1第14戦イタリアGP決勝が開催され、フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝を飾った。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは8位、アレクサンダー・アルボンは6位入賞となっている。


 決勝日の気温は20度、路面温度33度。朝は未明の雨が残ってウエットコンディションだったが、昼までに路面は完全に乾いてドライコンディションとなった。


 金曜にパワーユニット(PU/エンジン)を投入したフェルスタッペン、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、ランド・ノリス(マクラーレン)は最後尾グリッドペナルティ、予選でトラブルを抱えたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)も予選で使ったのと同じフェイズ2パワーユニットの新品に交換して最後尾グリッドスタートペナルティを科された。


 Q3でクラッシュを喫したキミ・ライコネン(アルファロメオ)は、スペックの異なるパワーユニットを投入してピットレーンスタートとなり、ギヤボックスも新品に交換している。そのため正式なグリッドは予選での記録タイムに従って16番手ノリス、17番手ガスリー、18番手ペレス、19番手フェルスタッペンの順となった。


 Q3進出組は全車ソフトタイヤだが、Q2以下はアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)とハース勢を除いて全車がミディアムタイヤとスタートタイヤが大きく分かれた。

2019年F1第14戦イタリアGP 決勝レーススタート
2019年F1第14戦イタリアGP 決勝レーススタート


 スタートでポールポジションのルクレールはトップを堅守。後方ではバルテリ・ボッタス(メルセデス)が好発進を見せてターン1のアウト側からルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出るが、ターン2ではハミルトンがアウト側から優位なライン取りでボッタスを交わして再び2番手に戻った。


 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はターン4の飛び込みでニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)にかわされ5番手に落ちるが、2周目のメインストレートで抜き返して4番手を取り戻した。ダニエル・リカルド(ルノー)もヒュルケンベルグを抜いて5番手に上がり、7番手ランス・ストロール(レーシングポイント)、8番手カルロス・サインツJr.(マクラーレン)。


 サインツとポジションを争ったアルボンは、3周目のターン4の飛び込みでインに付けるがターン5の立ち上がりでサインツに並ばれ、サイドバイサイドでターン6で飛び込むが押し出されるようにグラベルに飛び出して11番手に後退する。


 最後尾スタートのフェルスタッペンは、スタート直後のターン1でペレスのマシンに追突してフロントウイングを壊し、交換のためピットインを強いられてソフトに履き替えた。


 6周目のアスカリ1つめでイン側の縁石を引っかけたベッテルはスピンを喫し、コース復帰の際にストロールに接触。この危険行為に対して10秒ストップ&ゴーという最も重いペナルティが科され最後尾に落ちた。

2019年F1第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はスピンとペナルティにより最後尾に転落
2019年F1第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はスピンとペナルティにより最後尾に転落


 スピンを強いられたストロールも復帰の際にガスリーの進路を塞ぐようなかたちとなり、ガスリーはグラベルに逃げてなんとか難を逃れた。ストロールにはドライブスルーペナルティが科された。


 ノーズを壊したベッテルはピットインしてハードタイヤに交換して最後まで走り切る戦略に出る。同じアスカリの出口でロマン・グロージャン(ハース)もイン側の縁石にヒットしてスピンを喫し、ピットインしてミディアムに交換している。

2019年F1第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテルに巻き込まれる形でスピンしてしまったランス・ストロール
2019年F1第14戦イタリアGP セバスチャン・ベッテルに巻き込まれる形でスピンしてしまったランス・ストロール


 これで中団は4番手リカルド、5番手ヒュルケンベルグ、6番手サインツ、7番手ジョビナッツィ、8番手アルボン、9番手ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、10番手マグヌッセンという順になった。2番手ハミルトンは首位ルクレールの1秒後方にピタリと付け、2番手ボッタスもその1秒後方でチャンスを窺う。ルノー勢はそこから1周1秒以上遅いペースで引き離されていく。アルボンはジョビナッツィ、フェルスタッペンはライコネンをそれぞれ抜いて徐々に順位を上げていく。


 ルクレールから1.4秒差で走る2番手ハミルトンはリヤのタレを訴え、オーバーカットするのは難しいだろうと無線で伝える。その直後の19周目に先にピットインを仕掛ける。首位ルクレールは翌20周目に反応してピットイン。ルクレールはハミルトンの目の前でコースに復帰するが、しかし選んだタイヤはハミルトンのミディアムに対してハード。ウォームアップは厳しくハミルトンから厳しいプレッシャーを受けるが、ルクレールはヒュルケンベルグのトウ(スリップストリーム)を使って何とか逃げる。


 22周目のパラボリカでヒュルケンベルグを抜いたルクレールだが、続くターン1〜2でハミルトンが追い付きターン4でアウト側に並びかける。ルクレールは僅かに右に動いてハミルトンは行き場をなくし、タイヤをダートに落としながらランオフエリアへ回避。このドライビングに対してスチュワードは黒白旗を提示してペナルティ寸前であることを伝えるが、ルクレールは「なぜだ!?」と意に介さない。ハミルトンはフェラーリのストレートの速さに手を焼き、なかなかオーバーテイクのチャンスを手にすることが出来ない。


 ルクレールはファステストラップを叩き出しながらハミルトンをじわじわと引き離そうとするが、ハミルトンも自己ベストタイムで食い下がる。2台のピットインでトップに浮上したままステイアウトするボッタスは27周目にようやくピットインしまだピットインしていないリカルドの後ろで戻る。


 26周目にアルボンはピットインしてコース外を走ってアドバンテージを得たとして科された5秒加算ペナルティを消化してミディアムに交換。27周目にはサインツがピットインするが右フロントが締まる前にコースインしてしまいすぐにクルマを止めてリタイアしなければならなくなった。これを受けて28周目にクビアト、ペレス、ガスリーもピットイン。しかしクビアトはピットアウト直後に白煙を上げてターン1立ち上がりでマシンを止めてリタイアを余儀なくされてしまった。


 トップ争いは依然として0.5秒差でハミルトンがルクレールを追うが、フェラーリはストレートが速く仕掛ける糸口が掴めない。33周目のターン1ではマグヌッセンがタイヤをロックさせてオーバーシュートし、これでフェルスタッペンは9番手まで上がってきた。

2019年F1第14戦イタリアGP ランオフエリアをカットするもお咎めなし
2019年F1第14戦イタリアGP ランオフエリアをカットするもお咎めなし


 36周目、ターン1でルクレールはタイヤをロックさせてランオフエリアをカット。ハミルトンが完全にテールトゥノーズの状態になるが、ルクレールは巧みにターン4へ向けてラインをブロックして首位を守り切った。ハミルトンは「危険なドライビングだ」と訴えるがスチュワードは審議の必要なしと判断した。ただしルクレールにはすでに黒白旗が提示されており、チームはハミルトンとのバトルに際して「ターン4のブレーキング時にライン変更はするな」と指示を送る。


 42周目のターン1でハミルトンは僅かにタイヤをロックさせてエスケープロードに回避。この間にボッタスが2番手に浮上しハミルトンは3番手に後退する。ボッタスはルクレールに対してプッシュを開始するが、ペース差は0.2秒でなかなかギャップは1.7秒から縮まっていかない。ハミルトンは上位追撃は諦め、49周目にピットインしてソフトに履き替えファステストラップ狙いのアタックを行なう。51周目に1分21秒779を記録してファステストポイントを獲得した。


 ルクレールはボッタスを寄せ付けず、53周を走り切ってトップでチェッカードフラッグを受けて13戦ベルギーGPに続き2連勝。フェラーリの地元へ2010年以来の久々の勝利をもたらし、モンツァに詰めかけた大観衆を沸かせた。2位ボッタス、3位ハミルトン、4位・5位にリカルドとヒュルケンベルグのルノー勢、レッドブル・ホンダ勢はアルボン6位、フェルスタッペン8位でフィニッシュし、7位ペレス、9位ジョビナッツィ、10位ノリスとなり、ガスリーは1.819秒差の11位で惜しくも入賞はならなかった。





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報