F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1フランスGP FP1:メルセデスが1-2発進。スペック3投入のレッドブル・ホンダはタイヤのグリップ不足に苦戦

2019年6月21日

 2019年F1第8戦フランスGPフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手、ピエール・ガスリーは6番手タイムをマークしている。


 10年ぶりに再開された2018年のフランスGPは真夏の炎暑に見舞われたが、今年も初日からかなり暑い。FP1の始まる午前11時の時点で気温25℃、路面温度43℃。週末を通じて、快晴が続くという予報だ。ウイリアムズはジョージ・ラッセルに代えて、リザーブドライバーのニコラス・ラティフィを走らせた。


 ホンダはこの週末スペック3のパワーユニット(PU/エンジン)を投入し、トロロッソ・ホンダのアレックス・アルボンを除く3台が搭載。ルノーはダニエル・リカルドが3基目、メルセデスは前戦カナダGPでトラブルに見舞われたレーシングポイントのランス・ストロールがパワーユニットを交換している。車体側では、レッドブル、フェラーリが車体にアップデートを施してきた。


 再舗装された路面コンディションの改善を待つつもりか、開始後25分過ぎまでメルセデスは1周もせず。それでもバルテリ・ボッタスはコースインするとすぐに、それまでトップを占めていたマクラーレンの2台に1秒近い差を付けてトップに立った。そこにフェルスタッペンが絡んで、最速タイムを出し合う展開に。ただしフェルスタッペンはミディアムタイヤに対して、「滑り過ぎる」と、訴えている。


 約0.4秒落ちで、3番手にハミルトン。ガスリーは5番手。フェラーリの2台は、この時点ではシャルル・ルクレール9番手、セバスチャン・ベッテル10番手に留まっている。


 開始後58分、ガスリーが1分34秒271の最速タイムを出すが、すぐにマクラーレンのランド・ノリスに先行された。しかしボッタス、続いてハミルトンが立て続けにトップタイムを更新し、1−2を構築。コンマ4秒遅れで、フェルスタッペンが3番手に付けた。ただし直後のターン8でスピンを喫しており、決して挙動は安定していないようだ。


 セッション終盤には、フェラーリがようやく上位タイムを出し始めた。それでもメルセデスの2台にはかなわず、ルクレールは首位ハミルトンに0.373秒落ちの3番手番手。ベッテルは1秒以上遅れての5番手だった。レッドブルはフェルスタッペン4番手、ガスリー6番手。ガスリーはターン3でスピンを喫し、フェルスタッペン同様リヤのグリップ不足を訴えていた。


 中団グループトップは、7番手ノリス、8番手カルロス・サインツJr.のマクラーレン勢。ルノーのリカルド、トロロッソのアルボンが9、10番手で続いた。地元フランスのロマン・グロージャン(ハース)はトラブルに見舞われ9周しかできず、最下位に終わった。



(Kunio Shibata)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報