F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【タイム結果】F1メキシコGP FP3/好調フェルスタッペンがトップ。ガスリーが8番手

2018年10月28日

 2018年F1第19戦メキシコGPのフリー走行3回目が現地時間10月27日(土)に行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。


 気温15度、路面温度17度、昨夜降った雨の影響で路面はドライとウエットが混在するコンディションのなか行われた。


 セッション開始直後は、各車インターミディエイトタイヤを装着し、インスタレーションラップを行う。


 そんななか、ルイス・ハミルトンは観客に手を振りながらコースを一周するファンサービスを行い、客席からは大きな歓声が沸き起こった。


 その後、各チームはコンディションの回復を待つため、セッション中盤までピットに留まり走行を行わなかった。


 開始30分、フェルナンド・アロンソがハイパーソフトタイヤを装着しコースイン。1分21秒213をマークして暫定トップとなる。


 これを見たピエール・ガスリー、ストフェル・バンドーン、キミ・ライコネンがコースイン。ライコネンが1分20秒785でトップタイムを塗り替えてみせた。


 残り20分を切ると、路面コンディションが回復。ほぼ全車がドライタイヤを装着してコースに入っていく。そんななかでセバスチャン・ベッテルが1分17秒836でトップに立った。


 残り15分となったところで、バルテリ・ボッタスが油圧系統のトラブルに見舞われ、セクター3でマシンストップ。バーチャル・セーフティカーが導入されるも、すぐに解除される。


 セッション終盤、シャルル・ルクレールが1分17秒059をマークし首位に立つ。直後、好調フェルスタッペンが1分16秒385で一番時計、このタイムがフリー走行3回目のトップタイムとなった。


 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは8番手、ブレンドン・ハートレーは16番手タイムをマークした。


■2018年F1第19戦メキシコGPフリー走行3回目 リザルト

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
133M.フェルスタッペンレッドブル1’16.2849
244L.ハミルトンメルセデス1’16.5389
35S.ベッテルフェラーリ1’16.56611
43D.リカルドレッドブル1’17.0287
57K.ライコネンフェラーリ1’17.04516
616C.ルクレールザウバー1’17.05913
755C.サインツJr.ルノー1’17.33611
810P.ガスリートロロッソ1’17.52516
99M.エリクソンザウバー1’17.56514
1027N.ヒュルケンベルグルノー1’17.62310
1131E.オコンフォース・インディア1’17.73110
1211S.ペレスフォース・インディア1’17.81910
138R.グロージャンハース1’18.14510
142S.バンドーンマクラーレン1’18.44515
1514F.アロンソマクラーレン1’18.54811
1628B.ハートレートロロッソ1’18.63710
1735S.シロトキンウイリアムズ1’18.6699
1818L.ストロールウイリアムズ1’18.6988
1977V.ボッタスメルセデス1’18.8395
2020K.マグヌッセンハースNoTime1


(autosport web)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス26
2位ルイス・ハミルトン18
3位マックス・フェルスタッペン15
4位セバスチャン・ベッテル12
5位シャルル・ルクレール10
6位ケビン・マグヌッセン8
7位ニコ・ヒュルケンベルグ6
8位キミ・ライコネン4
9位ランス・ストロール2
10位ダニール・クビアト1

チームランキング

※オーストラリアGP終了時点
1位メルセデス44
2位フェラーリ22
3位レッドブル・ホンダ15
4位ハース8
5位ルノー6
6位アルファロメオ4
7位レーシングポイント2
8位トロロッソ・ホンダ1
9位マクラーレン0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報