F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【タイム結果】F1ハンガリーGP FP3/ベッテルがコースレコードをマーク。ガスリーが10番手

2018年7月28日

 2018年F1第12戦ハンガリーGPのフリー走行3回目が7月28日(土)に開催され、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。


 気温27度、路面温度52度、ドライコンディションのなかセッション開始。まずタイムを記録したのはフェラーリのキミ・ライコネン。2回タイムアタックを行い、フリー走行2回目の自身のタイムを上回る1分17秒057をマークした。


 直後、メルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトン、ベッテルがタイムアタックを行い、ベッテルが1分16秒343でトップに立つ。


 各車ウルトラソフトタイヤでアタックを行うなか、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはソフトタイヤでタイムアタック。トップ3チームのなかでは最後尾となる6番手タイムをマークした。


 セッション開始から30分時点でのトップはベッテル。2番手以降はボッタス、ライコネン、ハミルトンというオーダーとなる。


 残り時間25分を切ったところで、ライコネンがウルトラソフトタイヤでタイム計測を行い、2番手に浮上。直後ボッタスが1分16秒229をマークしトップに立った。ハミルトンはタイムアタックを行うも、ターン6でスピンを喫した。


 ベッテルもセッション終盤にタイムを更新。1分16秒170というコースレコードを叩き出しトップに立つ。このタイムを上回るドライバーは現れず、ベッテルがトップでセッションを終えた。2番手にはボッタス、3番手にはライコネンがつけている。


 なお、2番手のボッタスは残り15分時点でターン6でスピン。ガードレールに接触するも大事には至らず、その後も走行を続けている。


 トロロッソホンダのピエール・ガスリーは10番手、ブレンドン・ハートレーは12番手となった。


■2018年F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目 タイム結果

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
15S.ベッテルフェラーリ1’16.17016
277V.ボッタスメルセデス1’16.22917
37K.ライコネンフェラーリ1’16.37316
444L.ハミルトンメルセデス1’16.74917
53D.リカルドレッドブル1’16.80311
633M.フェルスタッペンレッドブル1’16.94614
755C.サインツJr.ルノー1’17.75417
827N.ヒュルケンベルグルノー1’18.08318
98R.グロージャンハース1’18.08419
1010P.ガスリートロロッソ1’18.13922
1120K.マグヌッセンハース1’18.23017
1228B.ハートレートロロッソ1’18.25219
1316C.ルクレールザウバー1’18.37619
1414F.アロンソマクラーレン1’18.46715
1531E.オコンフォース・インディア1’18.51220
1635S.シロトキンウイリアムズ1’18.63017
172S.バンドーンマクラーレン1’18.78914
189M.エリクソンザウバー1’18.84218
1911S.ペレスフォース・インディア1’18.96218
2018L.ストロールウイリアムズ1’19.13220

 
 



(autosport web)




レース

10/20(土) フリー走行1回目 0:00〜1:30
フリー走行2回目 4:00〜5:30
10/21(日) フリー走行3回目 3:00〜4:00
予選 6:00〜
10/22(月) 決勝 3:10〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報