F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1イギリスGP FP2:ベッテルがトップタイム、ガスリーは13番手もトラブル発生

2018年7月6日

 イギリスGPの午後には日差しがいっそう強くなり、午後2時からのFP2は気温26℃、路面温度51℃まで上昇した。ただし湿度が36%しかないこともあって、日陰ではひんやり涼しいのが日本の夏と違うところだ。 


 開始後15分、マックス・フェルスタッペンがいきなりクラッシュを喫する。ターン7の立ち上がりでスロットルを空けたところでスナップオーバーステアが出て、スピン。ガードレールに突っ込んでしまった。コース上に散乱した破片の片づけのために、10分間の赤旗中断となった。


 セッション前半はキミ・ライコネンがソフトでトップに立ち、その後も自己ベストを更新。しかしセバスチャン・ベッテルが約コンマ5秒差を付ける1分27秒552のタイムで、首位を奪い返す。その後バルテリ・ボッタスがソフトで2番手に付けるが、ベッテルにはコンマ357秒離されている。

2018年F1第10戦イギリスGP FP2でピエール・ガスリーのマシンにトラブルが発生
2018年F1第10戦イギリスGP FP2でピエール・ガスリーのマシンにトラブルが発生


 開始後57分。ソフトタイヤで13番手タイムを出したばかりのガスリーが、ターン3付近で止まってしまう。ガスリー自身は、「パワーユニットの問題だ」と無線で伝えている。


 チームからはすぐに、「エンジンを止めろ」という指示が飛んだ。初日終了後に積み替え予定だった旧仕様スペックだったとはいえ、今季も依然として信頼性に問題なしとは言えない。ブレンドン・ハートレーは午後のセッションも18番手と、今一つピリッとしない初日だった。


 このセッショントップは、ベッテル。ルイス・ハミルトンがコンマ187秒差で2番手。ボッタス、ライコネン、ダニエル・リカルドと続き、フェルナンド・アロンソが6番手タイムを叩き出して中団トップの速さを見せた。さらにソフトでロングランに移行してからは、シャルル・ルクレールと抜きつ抜かれつのバトルまで見せてくれた。


 午前中クラッシュを喫したロマン・グロージャンは、マシンの修理が間に合わず午後のセッションは1周も走れなかった。



(Kunio Shibata)




レース

7/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル171
2位ルイス・ハミルトン163
3位キミ・ライコネン116
4位ダニエル・リカルド106
5位バルテリ・ボッタス104
6位マックス・フェルスタッペン93
7位ニコ・ヒュルケンベルグ42
8位フェルナンド・アロンソ40
9位ケビン・マグヌッセン39
10位カルロス・サインツJr.28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位フェラーリ287
2位メルセデス267
3位レッドブル199
4位ルノー70
5位ハース51
6位フォース・インディア49
7位マクラーレン48
8位トロロッソ19
9位ザウバー16
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/8
第11戦ドイツGP 7/22
第12戦ハンガリーGP 7/29
第13戦ベルギーGP 8/26
第14戦イタリアGP 9/2
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報