F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1カナダGP FP2:好調フェルスタッペンが再びトップ、ハートレーは12番手に

2018年6月9日

 午後2時からのFP2も、雲ひとつない快晴に恵まれた。気温は21℃、路面温度も43℃まで上がっている。風向きは午前中とは逆。メインストレートでは向かい風になっている。FP1でギヤボックストラブルに見舞われたヒュルケンベルグは、FP2開始時点ではまだコースインの準備ができていない。 


 各マシンがスーパーソフトとウルトラソフトで、ロングランを敢行する。ルイス・ハミルトンは今回もっとも固いスーパーソフトで、最速タイムを何度も更新。7周目には唯一1分13秒台に入る1分12秒777を叩き出し、2番手バルテリ・ボッタスにコンマ7秒以上の差を付けた。


 開始後26分、カルロス・サインツJr.が2つ目のシケイン立ち上がりでウォールに接触、スピン。サインツ自身は自力で戻ったが、コース上に破片が散乱したのか、赤旗中断となった。この時点ではハミルトン、マックス・フェルスタッペン、ボッタスがトップ3を形成し、4、5番手にストフェル・バンドーン、フェルナンド・アロンソのマクラーレン2台が付けている。トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが11番手、ピエール・ガスリーは17番手だ。


 一方ダニエル・リカルドは最初のランを早々に切り上げると、マシンはジャッキアップされ、30分近くもガレージに留まることに。


 6分後にセッション再開。ハイパーソフトのキミ・ライコネンが、ウルトラソフトのハミルトンをコンマ4秒以上しのぐ1分12秒328のタイムでトップに立った。それもつかの間、フェルスタッペンが1分12秒198の最速タイムを叩き出す。一方のリカルドはようやく修理を終えたが、渋滞に捕まったこともあって、スーパーソフトでも14番手前後のタイムしか出せずにいる。


 セッションが進み、限界を見極めようとしてコースオフやウォールに接触するマシンが増えて行った。開始後54分には、バンドーンがサインツと同じ二つ目のシケインでウォールに接触。パンクしたままピットに戻ろうとしたが、「フロアを破損した恐れがある」と指摘され、コース脇にマシンを止めた。サスペンションにもダメージを負ったようだ。


 終盤、ハイパーソフトに履き替えたリカルドが、3番手タイムをマーク。1、2番手はフェルスタッペン、ライコネンで変わらず。ハイパーソフトを一度も試さなかったハミルトンが4番手に入り、コンマ2秒差でベッテル、さらにコンマ1秒落ちでボッタスが続いた。


 中団勢トップはロマン・グロージャン。エステバン・オコン、セルジオ・ペレスのフォース・インディア勢が8、9番手で続き、アロンソが10番手。そしてザウバーのシャルル・ルクレールが僅差で11番手に付けた。


 トロロッソ・ホンダはハートレーがルクレールから0.005秒差で12番手。ガスリーは18番手だった。



(Kunio Shibata)




レース

3/15(金) フリー走行1回目 12:00〜13:30
フリー走行2回目 16:00〜17:30
3/16(土) フリー走行3回目 14:00〜15:00
予選 17:00〜
3/17(日) 決勝 16:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/17
第2戦バーレーンGP 3/31
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報