F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1日本GP FP2:大雨となったセッションで最多周回はハミルトンのわずか4周。明日の午前も雨予報

2017年10月6日

 FP1終了間際に降り出した雨は、その後ますます勢いを増した。FP2の始まる午後2時の時点では、すでにピットロードは完全に川が流れ、雨足の衰える気配はない。ドライバーの大部分はチームウェアに着替えてホスピタリティでのんびり。マシンはジャッキアップされ、メカニックたちはチームロゴを付けた折り紙の舟を川に浮かべるぐらいしかすることがない。  


 それでも15分ごとの延期を小刻みに繰り返した末に、14時45分からセッションはようやく始まった。雨はほぼ止んだものの、路面は完全びしょ濡れ状態。


 フルウエットタイヤで10人ほどがコースインしたが、タイムを出したのは当初はフォース・インディアの2台のみ。その後ルイス・ハミルトンが1分48秒719のタイムでトップに立った。15時9分にはターン1でランス・ストロールが大きく飛び出したが、何とか無傷でコース復帰した。


 終了10分前には再び雨足が強くなり、最後まで走っていたハミルトン、フェルナンド・アロンソも引き上げ、そのままセッションは終了した。首位ハミルトンの4周が最多周で、バルテリ・ボッタスやレッドブルの2台など7台は1周も走らず。


 FP1である程度のロングランはこなせたとはいえ、明日午前中も予報通り雨になった場合、レースはほぼぶっつけ本番で迎えることになりそうだ。



(Kunio Shibata)




レース

11/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン363
2位セバスチャン・ベッテル317
3位バルテリ・ボッタス305
4位キミ・ライコネン205
5位ダニエル・リカルド200
6位マックス・フェルスタッペン168
7位セルジオ・ペレス100
8位エステバン・オコン87
9位カルロス・サインツJr.54
10位ニコ・ヒュルケンベルグ43

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス668
2位フェラーリ522
3位レッドブル368
4位フォース・インディア187
5位ウイリアムズ83
6位ルノー57
7位トロロッソ53
8位ハース47
9位マクラーレン30
10位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号