F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルドがトラブルでストップ。ハートレーが12番手/【タイム結果】F1アブダビGP FP3

2018年11月24日

 2018年F1第21戦アブダビGPのフリー走行3回目が11月24日(土)に行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。


 気温31度、路面温度43度、ドライコンディションのなかセッションが行われた。


 予選、決勝が行われる時間帯に比べ路面温度が高いことから、セッション序盤は多くのチームがチェック走行のみを行う。そんななか、ウイリアムズのランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンは積極的に走行を重ねる。


 開始10分、フェラーリのキミ・ライコネンが1分39秒314をマーク。続いてセバスチャン・ベッテルもタイムアタックし、1分38秒668で暫定トップとなった。


 開始20分、ザウバーのシャルル・ルクレールがターン19でスピンし、リヤからウォールにヒットしダメージを負ってしまう。

クラッシュを喫したシャルル・ルクレール


 路面温度が下がってきたセッション中盤、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが2番手タイムをマーク。その直後ハミルトンがフェルスタッペンのタイムを上回り2番手に浮上する。


 残り20分を切り、ベッテルが新品のハイパーソフトタイヤでタイムを更新。1分37秒587をマークする。しかし、ハミルトンがさらにタイムを縮め、1分37秒176をマークしトップに立った。


 残り5分、ダニエル・リカルドがトラブルに見舞われ、ターン9の先でマシンを停めてしまう。


 セッション終了間際、ロマン・グロージャンとピエール・ガスリーがターン18で接触。この件についてはセッション後審議が行われる。


 最終的にハミルトンのタイムを上回るドライバーは現れなかった。2番手にライコネン、3番手にベッテルがつけた。


 なお、トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは12番手、ガスリーは15番手となっている。


■2018年F1第21戦アブダビGPフリー走行3回目 リザルト

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
144L.ハミルトンメルセデス1’37.17616
27K.ライコネンフェラーリ1’37.46418
35S.ベッテルフェラーリ1’37.58714
433M.フェルスタッペンレッドブル1’37.74714
577V.ボッタスメルセデス1’37.93315
63D.リカルドレッドブル1’38.09011
78R.グロージャンハース1’38.30413
827N.ヒュルケンベルグルノー1’38.85015
955C.サインツJr.ルノー1’38.97015
1031E.オコンフォース・インディア1’39.0117
1111S.ペレスフォース・インディア1’39.05314
1228B.ハートレートロロッソ1’39.07417
1316C.ルクレールザウバー1’39.2829
1420K.マグヌッセンハース1’39.61212
1510P.ガスリートロロッソ1’39.74012
1614F.アロンソマクラーレン1’39.97412
179M.エリクソンザウバー1’39.99719
1818L.ストロールウイリアムズ1’40.11718
192S.バンドーンマクラーレン1’40.23313
2035S.シロトキンウイリアムズ1’41.18221


(autosport web)




レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報