F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第7戦カナダGP FP2:ルクレールが初日トップ。ハミルトンはセッション序盤にまさかのクラッシュ

2019年6月8日

 2019年F1第7戦カナダGPフリー走行2回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは13番手、ピエール・ガスリーは12番手となっている。


 昼過ぎには上空の雲もすっかり消え、FP2開始時の午後2時には気温24℃、路面温度は46℃まで上昇した。比較的強い風が、ストレートでは横方向から吹き付けている。


 セッション前半はFP1に続いてメルセデス勢が速さを見せ、ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスが1−2体制を構築した。しかし開始後24分、ハミルトンが午前中のアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)と同じターン8、9のシケインで挙動を乱し、ウォールにヒット。右リヤをパンクしたものの、自力でピットに戻っていった。

2019年F1第7戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)がFP2でトップタイム
2019年F1第7戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)がFP2でトップタイム


 その間にフェラーリが、ソフトタイヤで1分12秒台に突入。ルクレールが1分12秒177でトップに立ち、0.074秒差でベッテルが続いた。


 47分過ぎには今度がフェルスタッペンが、最終コーナーの旧チャンピオンズウォールで右フロントを接触させてしまう。セクター1、2と自己ベストを更新していたが、先行するガスリーに追い付いて、もろに乱流を受けた格好だ。


 レッドブル・ホンダの2台はなかなかペースが伸びず、ルクレールから1秒以上遅れて、ガスリー11番手、フェルスタッペン12番手に留まっている。


 60分が過ぎた時点で、フェラーリが依然として1−2。0.134秒差でボッタス。カルロス・サインツJr.(マクラーレン)、ケビン・マグヌッセン(ハース)が続き、クラッシュしたハミルトンは6番手。この時点では、ガレージにこもったままだ。トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン、ダニール・クビアトはレッドブルのすぐ後ろ、14、15番手に付けている。


 後半のロングランでは、ソフト(5種類のコンパウンド中最も柔らかいC5)のデグラデーションがひどく、1分18〜19秒台までペースが落ちたベッテルは、「リヤタイヤが溶けてる」と悲鳴を上げていた。


 ミディアムタイヤのルクレールは1分17秒台に留まっているが、タイヤのオーバーヒートを訴えている。一方で同じソフトで4番手、首位ルクレールからわずか0.376秒落ちの速さを見せたサインツは、ロングランでもフェラーリほどは苦しんでいない。


 フェルスタッペンはまもなくコースに復帰。しかしハミルトンのダメージは見た目以上に深刻なようで、チェッカーまで走れず。8周の周回に留まった。

2019年F1第7戦カナダGP FP2:ホイールリムにダメージを負ったルイス・ハミルトンのマシン
2019年F1第7戦カナダGP FP2:ホイールリムにダメージを負ったルイス・ハミルトンのマシン



(Kunio Shibata)




レース

9/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/22(日) 決勝 21:10〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報