F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

[TOYOTA]大雨に祟られながらも、J.トゥルーリが唯一TF104Bの慣熟走行

2004年10月8日

 F1世界選手権第17戦日本GPの公式練習が、三重県・鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開始された。
 大型台風22号が接近し、9日(土)には紀伊半島への上陸が予想され、前線の影響で朝から降り続く雨足が激しさを増す中で、公式練習初日が行われた。
 公式練習1回目は、午前11時から1時間にわたって、気温18度、路面温度18度、湿度98%というコンディションの下で、コース上の水溜りをかき分けるように長い水煙の尾を引いて開始された。パナソニック・トヨタ・レーシングは、ヤルノ・トゥルーリとオリビエ・パニスに加え、サードドライバーのライアン・ブリスコが3台体制で臨んだ。しかし、この悪条件下では、1種類のレインタイヤのみの使用となり、本来サードドライバーの役割となるドライ用タイヤの評価選択も不可能なことから、ライアン・ブリスコは、出走を見合わせた。また、決勝レースには、天候の好転が見込まれることから、オリビエ・パニスは悪条件でのセッティングを見送り、1周したのみでタイムは計測されなかった。また、急遽日本GPからTF104Bで出場の決まったヤルノ・トゥルーリが、シート周りや、各種システムの調整、確認のために10周をこなして1分58秒351の14番手タイムを刻んだ。その後、2時間のインターバルを挟んで午後2時から1時間行われた公式練習2回目は、相変わらず雨が降り続く中、気温17度、路面温度19度、湿度92%というコンディションで行われ、7周をしたヤルノ・トゥルーリが1分50秒386の14番手、1周したオリビエ・パニスは、計測は残らなかった。
 なお、明日午前中に行われる予定だった公式練習3回目、4回目と、午後の予選は、大型台風の通過に伴い、本日午後6時以降に鈴鹿サーキットとFIAが実行の可否を判断。天候の回復が見込まれる10日(日)には、53周の決勝レースが行われる予定だが、そのスターティンググリッドの決定方法も併せて発表される。


ヤルノ・トゥルーリ
「難しいパナソニック・トヨタ・レーシングからのデビュー戦となってしまった。ただ、今まで、TF104Bを雨の中でテストしたことは無く、悪条件の中の走行となったが、有意義な初日だった。とはいえ、とても危険なコンディションで、スピンをしたり、クルマを壊さないことに集中した。周回を重ねたことで、今週末への貴重な経験を積むことが出来た」

オリビエ・パニス
「雨に祟られた1日だった。公式練習の1回目は、様子を見るために一周し、このような悪条件では、セットアップもままならないので、ピットに留まることにした。ヤルノ・トゥルーリが、慣熟走行をしたが、私にとっては、雨の状況でのTF104Bの挙動も分かっているので、その必要も無かった。公式練習2回目も天候は変わらず、他チーム同様にローンチ・コントロールをはじめ、電子制御系の確認を行った。まるで、ボートを運転しているようだったが、特に問題も無く、各部のチェックを行えた」

ライアン・ブリスコ
「レインタイヤしか使用出来ない状況で、私の出番はなかった。レインとドライコンディションの中間仕様のタイヤさえも使用出来ないほどの悪コンディションだった。トヨタのホームGPに出場は出来ないにしても、せめて初めての鈴鹿サーキットを知るチャンスだっただけに残念だ」




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報