F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

地力で勝るメルセデスが成し得た逆転勝利。レッドブル・ホンダは後半戦に向け課題【今宮純のF1ハンガリーGP分析】

2019年8月6日

 2019年F1第12戦ハンガリーGPは、メルセデスのルイス・ハミルトンが逆転優勝を飾った。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは終盤にタイヤが尽き2位表彰台となった。F1ジャーナリストの今宮純氏が週末のハンガリーGPを振り返る。


——————————-


 ハミルトンとメルセデスチームが持つ本来の力=地力(じりき)が発揮されたハンガリーGPだった。2ストップ戦略成功。フェルスタッペンを最終盤にとらえた逆転勝利、猛追するハミルトンのスパートがそれを可能にした。速さがあれば大胆な戦略も実行できてしまうのだ。


 48周目にミディアムタイヤに変えてから、19秒以上あったギャップをぐいぐい削り取っていった。本気モードのハミルトン全力走行だ。55周目には16.048秒差、60周目には10.954秒差……。追われる首位フェルスタッペンが63周目のセクター2エリアでリヤがスライド、危うかった。既に35周しているハードタイヤに急激な変調が見てとれた。さらにセクター3の低速コーナー立ち上がりではトラクションが劣り、ますます苦しい状況だ……。


 64周目、3.200秒差。65周目、1.024秒差。66周目、0.382秒差。緊迫のハンガロリンク、オランダ人応援団も固唾をのんで見守る。レッドブルRB15のダウンフォースも接地性が弱まり、2019年型ホンダF1パワーユニット(PU/エンジン)『RA619H』のフルパワーモードも“ドロップオフ”したタイヤではそのパワーを支えきれない。逆に言えばここまでトップポジションを守ってこられたのは、フェルスタッペンのドライバー力と言うべきだ。


 最終コーナーを立ち上がるレッドブルの加速が鈍った。背後のハミルトンがメインストレートで追いつめる。そして1コーナーに向けインサイド・ラインをとる相手を難なく、センター・ラインで抜いていった。あっけなかった。


 表現するならハミルトンは“ぶち抜くぞ”という感じではなかった。フェルスタッペンも無駄な抵抗はしないかのように映った。ふたりの首位攻防はクリーンでフェア、トッププレイヤー同士ならではのものだった。


 前半戦最後のオーバーテイクを残り3周で決めたハミルトン、12戦8勝をおさめ250点。昨年12戦終了時点での5勝、213点をはるかに上回る戦績だ。きっといい夏休みをリゾートで満喫できることだろう。

2019年F1第12戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2019年F1第12戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)


 ふたり舞台で進んだレース展開に誰もついていけなかった。予選2番手のボッタスは、オープニングラップ半周で二度接触し、緊急ノーズ交換を強いられテールエンドに。予選4番手シャルル・ルクレールと5番手セバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢はレースペースを欠き、40秒以上も離されて終わった。

2019年F1第12戦ハンガリーGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第12戦ハンガリーGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)


 予選6番手ガスリーは、スタートで出遅れポジションを下げてしまい周回遅れ、まったく不本意な結果となった。彼らの中のひとりでもハミルトンに追従する3番手がいたなら、メルセデスのストラテジストはあのような“2ストップ”を判断するのは難しかっただろう。フリーストップ可能なポジションだったからこそ、勝負に向かう決断ができたのだ。


 戦術として48周目にピットに呼び入れたのは、同じ2位ポジションのままで攻勢に転じられる唯一の実践的な実行手段。コクピットのハミルトンは一時、疑問に思っていたが自力でペースを上げ、勝機をきっちりつかみとった。王道を行く彼らの地力をレッドブルとホンダは見せつけられた。


 レースに戻ると、トップ4以外は全車が周回遅れにされた。5位カルロス・サインツJr.(マクラーレン)から14位ダニエル・リカルド(ルノー)までが1周、15位ダニール・クビアト(トロロッソ)から18位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)までは2周、19位ロバート・クビサ(ウイリアムズ)は3周。


 2019年夏の今の『総合戦力構図』があからさまになったハンガリーGP。後半にそなえフェラーリは難題を抱えこみ、2勝したレッドブル・ホンダもさらなる課題を鬩ぎあうなかで初めて知った。そうさせたのはメルセデス・チームとハミルトンだ。ファクトリー閉鎖となる夏休みはあっても、彼らには無いような日々が続くのか。何年も言っているようにF1クライマックスはこれからだ――。

2019年F1第12戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は2位表彰台
2019年F1第12戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は2位表彰台



(Jun Imamiya)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報