F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレールが再びトップ、フェルスタッペンは2番手【タイム結果】F1第11戦ドイツGPフリー走行3回目

2019年7月27日

 2019年F1第11戦ドイツGP土曜フリー走行3回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、ピエール・ガスリーは8番手タイムをマークしている。


 土曜日の現地時間12時からスタートしたFP3は気温25℃、路面温度34℃、ドライコンディションのセッションとなった。金曜日のFP2は気温36℃、路面温度50℃だったので、それに比べるとかなり涼しい状況だ。


 インスタレーションラップ後、ルクレール、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢がワンツーを形成、ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデス勢が3、5番手タイムをマーク。


 セッションの後半には、新品のソフトタイヤを履いたルクレールとベッテルがアタックを開始。1分12秒387で自己ベストを更新、母国GPのベッテルもタイムを更新するが0.257秒及ばず。ルクレールはその後、さらに1分12秒380までタイムを削っている。


 セッション残り15分を切ったところで、金曜日のFP2でクラッシュを喫したガスリーが5番手に浮上。フェルスタッペンはフェラーリ勢に割って入る2番手に飛び込んだ。


 ベッテル、ハミルトン、クビアトなどトラックリミットを越えたためタイム抹消となるドライバーがおり、今回のFIAは厳しめだ。


 タイム抹消後、再度アタックを行ったハミルトンは6番手に。いっぽう、ハースのケビン・マグヌッセンが5番手で好調な走り。グロージャンも10番手に入っている。


 FP3ではルクレールがFP2に引き続きトップタイムをマーク、2番手フェルスタッペン、3番手ベッテルという結果になっている。 


■F1第11戦ドイツGP フリー走行3回目 リザルト

PosNo.DriverTeamTimeLaps
116C.ルクレールフェラーリ1’12.38018
233M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’12.54812
35S.ベッテルフェラーリ1’12.64418
477V.ボッタスメルセデス1’12.89024
520K.マグヌッセンハース1’12.89313
644L.ハミルトンメルセデス1’12.96522
755C.サインツJr.マクラーレン1’13.30018
810P.ガスリーレッドブル・ホンダ1’13.32417
97K.ライコネンアルファロメオ1’13.35118
108R.グロージャンハース1’13.37815
1111S.ペレスレーシングポイント1’13.47615
1227N.ヒュルケンベルグルノー1’13.49619
1323A.アルボントロロッソ・ホンダ1’13.55424
144L.ノリスマクラーレン1’13.55615
1599A.ジョビナッツィアルファロメオ1’13.67116
1618L.ストロールレーシングポイント1’13.67215
1726D.クビアトトロロッソ・ホンダ1’13.76721
183D.リカルドルノー1’13.81620
1988R.クビサウイリアムズ1’15.54020
2063G.ラッセルウイリアムズ1’15.82411


(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報